2017年3月12日(日)


印旛新川の上流部を試してみました。

実は前日の土曜日も昼から手賀川で竿を出す予定だったんですが、

ちょっとしたアクシデント発生により釣りに行かない休日となってしまいました。




午前中に恒例となっているかみさんとのキャッチボールをしていたときに、

うっかり力強く投げた球がかみさんの顔面にクリーンヒットしまいまして・・・(汗)

かみさんは眼鏡をかけているんですが、パチッっという音とともに眼鏡が粉砕して

両手で目を押さえてうずくまるかみさんを目の当たりにしたときにサーっと血の気が引きました(泣)

慌てて駆け寄ると押さえていた手の隙間から血が出ているじゃないですか!(汗)



眼球が無事だったのが不幸中の幸いでした。

割れた眼鏡で目の脇を少し切ってしまい出血していましたが、

縫うほどの傷ではなく大事には至りませんでした。(ホッ)

しかし軟式野球ボールと言えども当たったときの衝撃は相当なものだったようで、

後になってから目の下には青あざが!(汗)




それはまるでDVの夫に殴られたかのようにw





午後からは家事を手伝ったり一緒にテレビを観たりして自宅でおとなしく過ごしましたw

てっきり「もうキャッチボールはやめるっ!」とか言い出すかと思いきや、

ケロッとしていてまだまだヤル気十分だったのには安心しましたw








というわけで、日曜日は早朝から出撃しましたよ。









朝7時より印旛新川上流部の浅場で餌打ち開始です。



竿は旧・煉 十五尺。

道糸2.5号、ハリス1.5号、針は強靭エアロ15号一本針。

餌は「徳用マッシュポテト」+「藻べら」。











この場所、昨年と比べると葦も蒲もあまり生えていなくてスッキリとしちゃっています。


水深はおよそ70pほど。








昼頃まで続けてみましたが残念ながらアタリは出ず・・・・。

一度だけ強烈な食い上げアタリが出たような気がしましたが、

それは強烈な餌落ちだったようでw



昨年の春に初めてこの場所で竿を出してフライパンヘラが釣れたのは3月21日だったので、

ちょっとばかり時期が早すぎたようです。

12時ちょっと前に終了としてこの釣り場を後にしました。





桑納川へ移動するつもりでしたが、夜7時から行われるWBC日本対オランダ戦の

TV中継を観たいので早めに帰宅できる手賀川へと移動することにしました。










浅間橋上流南岸に釣り座を構えて釣り再開です。



剛舟十九尺を出すと水深はおよそ1.2mほどでした。



ほどなくしてせきろーさんとえいちゃんが登場。

ちょこっとお話をした後、浅間橋下流北岸へと移動されました。

(缶コーヒーの差し入れありがとうございました)













午後4時12分に27pのヘラがヒット。





手賀川ってなかなか大型が釣れませんねー。

風が強まり水面が波立ってきたので短竿を試してみることに。





煉八尺で手前の浅場を狙いましたがアタリがもらえずに午後5時ちょっとに終了。





帰る前にせきろーさんとえいちゃんの様子を見に行ったらS山さんも様子見に来ていました、

S山さんも手賀川で竿をだして3枚釣れたそうで。




毎週末ごとに状況が変わっていくこの時期はワクワクしますが狙うのは難しいですね。

浅場で頻繁に竿が絞られるようになるのが楽しみです♪








本日の釣果

ヘラブナ x 1