2017年1月28日(土)


手賀川へ行ってきました。

今回は久しぶりの単独釣行です。

先ずは浅間橋下流北岸のテレビ探しからw



昨年の秋に探し回って見つけられなかったテレビですが、

冬枯れの岸辺ではいとも簡単に見つけ出すことができました。

周囲の枯れ草が刈り取られていたところをみると、もう既にテレビポイントでは

竿を出している人が居るようです。

右隣にある伝説のポイントでは朝から竿を出している人が居たし・・・・(汗)

入ろうと思っていた場所ですが先客ありなので他へ移動です。








まあ他の場所となるとやっぱりここへ来てしまうんですよね。

毎度おなじみの手賀川マーちゃんポイントです♪




湿地帯の水位が下がっていたので遠回りすることなく

長靴を履いて釣り場までの最短ルートで行けました。

水面は全面凍結していたのでバリバリと氷を割りながら渡りました。




朝8時半頃、閃光G十八尺にて両グル底釣りで釣り開始です。

左の下流方向へ流れが強かったのでハリスオモリを装着。

餌は「グルテン四季」単品。









しかし・・・・











まったくアタリません!!(泣)









魚不在か?w




















諦めかけていた頃に突然ウキがスコッっと入って・・・











11時ちょうどに33pの半ベラが釣れました。

とりあえず嬉しいですね〜♪











それからまたノーピクが続いて・・・














11時55分、35pのヘラが釣れました♪





あまり走ることなくすんなりと上がってきた半ベラとは違って、ヘラの引き味は最高です♪














すぐにまたウキが動き始めたので期待していたらまさかのジャミが登場!?

水温が低下してからは何処かへ去ったものと思っていましたが・・・・。






昼を過ぎてから逆流が始まってしまったので撤収して印旛新川へ移動することにしました。
















神崎川合流点脇のいつもの浅場にやってきました。




午後1時24分、嵐馬二十一尺にて餌打ち再開です。

ほぼ無風で水面は鏡状態。

波が全く無いので細かなアタリも逃さず取れそう♪








しかし・・・・














全くウキは動きません!!(泣)


先日、数十メートル左側でやっていたカンザシウキのHさんが40上を釣り上げた時刻の

2時50分になりましたが、魚の気配が全くありません(汗)







と、ここでよっちさん登場です♪

しばらくお話しした後、神崎川吐き出しのポイントで釣り開始です。










3時50分にようやくアタリが出て38pの半ベラが釣れました。










4時のチャイムが流れた後、微妙なサワリが出始めて・・・・














4時52分、強いアタリにアワセを入れたらスレ引っ掻いちゃいましたぁー!



このデカイのは巨ベラのウロコかもしかして!?  やっちまった〜!(泣)








それからアタリが頻発したものの、ことごとく空振り。







ジャミでも居るのかと首を傾げたくなる状況の中、アワセに乗ってきたのは・・・









34pのマブ君でしたw












ウキが見えなくなってからもケミホタル装着で続行!w











50pくらいの鯉ちゃんがヒットして、そのやり取りに疲れてしまって終了です。










この付近、それほど魚影は濃くないようですねー。

一発大物狙いということで頑張ってみているんですが、なかなか厳しいですね。











本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 3

コイ x 1

タモロコ x 1