2017年1月1日(日)


この釣行記を見てくださっている皆様、明けましておめでとうございます!

今年も気持ちの良い釣りが楽しめるようにがんばっていきますので宜しくお願いいたします。



毎年元日は新利根川周辺であっちゃこっちゃ北風を避けながら移動を繰り返して

結局はタモロコだけだったり、良くて鯉ちゃん、はたまたおでこニョ〜ンだったりと厳しい初釣りを展開してきましたが、

今年はせきろーさんに誘われて初釣り初べらが望めそうな甚兵衛沼へ行ってきました。





かみさんの実家で昼食をご馳走になってからの出発だったので、釣り開始は午後一時を過ぎていました。




最初に沼の北岸側から車で進入すると、いきなり目の前にジビさんの車が!w

すぐ後ろに車を停めて話しをすると、いまから印旛新川へ移動するところだそうな。

確かに今日は風もなく暖かくて水面はベタ凪状態なので夕方に新川で大物を狙うには良さそうな条件です。




ジビさんと別れて南側で竿を出している せきろーさん、えいちゃん、S山さんのところへ向かいました。

前日に80枚釣り上げた人がいたとの情報があった南側ですが、今日は新べらの群れが別の所へ

移動してしまったらしく、せきろーさんはまだ10枚との事。

えいちゃんのお隣には以前に椎の木湖でご一緒したことのあった源五郎さんも竿を出されていました。

さらに左の方には伯耆房さんのお姿も!





爆釣の情報を聞きつけて南側に釣り人が集結しているようです。

自分も並びで竿を出そうと思いましたが、うっかり防寒着を家に置き忘れて来てしまったので、

風の避けられる北西側で竿を出すことにしました。









午後1時16分、翼 十五尺で釣り開始。

両グルの底釣りで餌は「わたグル」単品。

出来上がったグルテンを全く練らずにそのままウドン用のポンプに入れて、

ポンプ出しの少量グルテンをウドンセット用の超小針に付けていきます。

6mmBB弾よりも小さいくらいに針付けって言えば解る人います!?ww











釣りを開始して十数分経過した頃、後ろから声を掛けてきた人がいたかと思えば昇天さんでした。



昇天さんが自分の左隣に入ってくれたので時々おしゃべりしながらの楽しい釣りが始まりました。

釣りの話、洋楽の話、映画の話と楽しませてもらいました〜♪











南側の皆さんは釣れているのだろうか?











せきろーさんとえいちゃんはお二人ともスコープを覗いたままの釣りです。

この時期のアタリは微妙ですからねー。













今日も上空をカモの群れが羽音を立てながら何度か通過していきました。

望遠レンズで撮影してみて種類がハッキリしました。 

オナガガモの群れでしたね〜。











午後1時51分に今年の初べらヒットです♪


毎年初釣りと言えば新利根川などでおでこニョ〜ンの連続だったんですが、

今年は管釣りのヘラで安易に出会ってしまいました(汗)














ボチボチとヘラが釣れあがってきます。


昇天さんも十四尺で後半徐々にペースを上げてきています。

やはりここ甚兵衛沼は午後3時頃からが調子が出てきます。













背後の斜面からガサゴソと音がするので振り返るとツグミが餌を探して歩き回っていました。

この鳥はウラジミール・プーチンのいる国から遥々海を越えて日本にやってきています。




5時までにかみさんの実家へ戻らなければならないので、夕方4時20分に終了です。

帰り際に謎のラーメン屋さんとお会いすることもできました。

(今度並んで竿を出す機会がありましたら宜しくお願いいたします)



皆さんと別れて中沼の近くにあるかみさんの実家へ速攻帰りました。

行きは13分、帰りも15分で着いたので飛ばせば意外と近いですねー!?(汗)








本日の釣果

ヘラブナ x 12