2017年12月9日(土)


うっちさんと印旛新川の大型ヘラに挑戦してきました。

狙うポイントは今年も神崎川合流点からやや上流側の浅場です。

夕方のチャンスタイムに一発勝負をやるつもりなんですが、それまでの間は

小マブでもいいからウキの動きそうなところということで、

八千代橋の脇にある やちよ農業交流センター前で竿を出してみることにしました。



とりあえず夕方の大型ヘラ狙いの前まではマブ釣りということで。

自宅の水槽で飼育するのに丁度よい13〜15pくらいのマブ君が釣れればOKですw

三匹飼っているうちの二匹を手賀沼にリリースしたので、一匹補充しようかと。







午前10時半頃よりうっちさんと並んで今日も勝負の始まりです!



路面が凍結していて夏タイヤのスカイラインではテールハッピーになりそうだったので、

自宅で朝食をとってから9時近くにゆっくり出発して釣り場にやってきました。



うっちさんは十七尺。

自分は閃光Gの十八尺にて両グルの底釣りで餌打ち開始です。

餌は基本性能の再確認ということで「α21」を単品で使用。



ウキが動き始めたかと思えば釣れてくるのはジャミジャミジャミw



タモロコに見つかりにくい緑色の夏冬マッハならマシになるかとやってみましたが無駄でしたw




お昼頃、フナ類が一回もヒットしないまま撤収開始。

この場所だったら小マブに遊んでもらえると期待していたんですが大外れw

やちよ農業交流センターでキーマカレーを購入してから神崎川合流点付近へと移動しました。











神崎川吐き出しから上流へ数十メートル行った辺りで枯れ草を刈り込んで釣り再開です。



二日前にうっちさんが切り開いた釣り座は先客ありだったので、

その上流側の隣に二か所新たに釣り座を作りました。








先程買ってきたキーマカレーで昼食タイムです♪

100円増しの大盛りでお値段は650円。

これはなかなか美味でしたよ〜♪







さて、二人してキーマカレーを食してから勝負の再開です。

うっちさんは二十尺。

自分は嵐馬の二十一尺でダンゴとグルテンの底釣り。







先程まではジャミがウキを動かしまくっていましたが、こちらはジャミもおらず生命反応ゼロ!(汗)







風は吹いたり止まったり。

流れは弱く右や左へ。






α21と夏冬マッハを混ぜ込んで、そこへ更に「いもグル」を追加して

餌持ちの良いグルダンゴにしてアタリを待ちます。









3時50分に25pくらいのマブ君が釣れました♪






しかしその後はまったくウキは動かず・・・・。













暗くなってウキが見えなくなったところで終了です。









うっちさんは何も釣れなかったので、マブ一尾だけで本日の勝負に勝ってしまいました(汗)

お互いにたくさん釣れて数で勝負というのが面白いんですが、

水温の下がった冬場では一尾釣って逃げ切り勝利というのも仕方ないですねー。









うっちさんとの対戦成績

20勝27敗5分






本日の釣果

マブナ x 1

タモロコ x 多数