2017年10月9日(月)


三連休最後の日は八十八(やそはち)に行ってきました。

野釣りの翌日には管釣りに行きたくなる!?という法則がやっぱり当てはまりましたねーw

まあ前日の印旛新川でせきろーさんと相談して決めた行き先だったわけでw




今回の釣行は、せきろーさん、えいちゃん、ジビさんと自分の4人でした。






線路側の中央付近に並んで釣りスタート♪



まあこのメンバーでの釣りは自然と数釣り勝負となるわけですがw

自分は前日の釣りで手首を痛めてしまっているので、頻繁に餌を打ち返す忙しい釣りではなく

のんびりと底釣りから開始しました。


竿は手首にやさしい軽量な閃光XXの十三尺を使用。 餌は夏冬マッハ。











開始してそれほど時間が経たないうちに本日の一枚目をGet♪









そしてすぐ後にリャンコでもヒット♪






今日は底釣りの反応が良いみたいです。

比較的短時間で19枚まできました。

底釣りでいちばん釣れている えいちゃんは27枚も出ているそうな!





手首の調子もだいぶ良くなってきたところで一気に数釣りの狙える短竿ウドンセットに変更です。

とりあえず新発売されたバラケ餌を試してみようかと思いまして。


さなぎパワー + SET UP + 粒戦 + とろスイミーという「さなぎパワー」の

袋の裏に書かれている高活性時用のブレンドです。



SET GUN のパワー系ブレンドよりも底バラが入らない分、緑色が強い仕上がりですねー。

手水を加えていつもの感触に仕上げて投入すると、おやおや? 

いつもよりバラケ性が強いようですぐに抜けてしまいますなぁー。



モーリス古今の九尺でのメーターウドンセットだったわけですが、

初めて使う餌になかなか慣れずに結局8枚釣るのがやっとでした。









すぐ後ろの土手の上を走り抜けていくJR成田線。



柵もなんにもありませんw

八十八でやっていていつも思うんですが、十八尺とか使っていて沖走りした大型ヘラをバラシた時、

しかけがビヨ〜ンって後ろに跳ね返ったら成田線をスレで引っ掛けて

竿を持ってかれちゃうんじゃないかと!?ww

レンコどころの引きの強さじゃないだろうなーってw







やがて11時になって昼食が出来ましたよ〜とお呼びがかかり皆で食堂へ。








カツ丼 800円也。


八十八さん、すみません、正直に書きますが・・・・、

このカツ丼、ベラボーにしょっぱいんです(汗)

これまで4〜5回このカツ丼を食べているんですが、

ついつい前回の味を忘れた頃にまた頼んでしまうんですよねー。


食べ残してしまうと腹が減ってしまうので気合で完食しましたが、

釣り堀だけじゃなく一般向けの食堂を兼ねてやっているわけですから、

提供しているメニューは経営者自ら試食をして味の研究を重ねてもらいたいと思いますねー。






昼食後、再び底釣りに戻します。

竿を閃光XXの十六尺に変えて餌は再び夏冬マッハ。



大き目なアタリを待ってもなかなか表れず、馴染んでから早めのチクッという小さなアタリを

拾っていくとイイ感じでヒットします。

やはり今日は底釣りの反応が良好なようですねー。







ヌマチチブ君が3回ヒットしました。

こんなにカワイイやつなのに、ここ八十八では非情な釣り人が居るようで、

そこらへんに干からびたヌマチチブが多数転がっていましたよ・・・(泣)







午後4時の終了時刻となり、今回も不本意な釣果で納竿です。

4人のうちでトップはえいちゃんの70枚!

せきろーさん56枚、ジビさんが54枚。

うーん、さなぎパワーで減速しちゃったのが響いたかー!?(汗)

底釣りも両グルに挑戦してアタリがもらえず失敗だったのに

なんとか一枚くらいは釣ろうと時間をかけてしつこく狙いすぎたのもタイムロスだったみたい・・・。






まあそれでも今回の3人との対戦、そして前日のうっちさんとの勝負を通して

得られたものが一つありますねー。

その場の状況を判断して有効だと感じられた釣り方を、竿の長さを変えずにひたすら続けるのが

釣果を伸ばす手段の一つなんだろうなーってことですね〜。




そうだよなー。 メジャーな大会とかでもトーナメンターは途中で竿の長さを変えたり

餌や釣り方を変えないで自分が信じた作戦でやり通すものですからね。




仲間内で楽しく釣り糸を垂らして1日を有意義に過ごすことが出来ればOKなんでしょうが、

自分の場合どうしても釣り仲間との釣果の差を気にしてしまうんですよねーw




この頃の自分、肩の力を抜いたお気楽な釣りが出来なくなってきているみたいだなーw







本日の釣果

ヘラブナ x 42