2017年10月1日(日)


野釣りのあとには管釣りに行きたくなる!?w

というわけで前日が小マブ中心で引き味がイマイチな釣りだったので

良型ヘラの引きに癒されようと管理釣り場のさくら湖へ行ってきました。


今回ご一緒させてもらったのは、銀チェロさん、せきろーさん、えいちゃん、ジビさん。






C桟橋左寄り北向きに5人で並びました。



今日は例会組が大勢来ていてプレッシャーが高くて大漁は望めそうにありません。

ここ、さくら湖は放流量がそれほど多い釣り場ではないので来場者が多いと

魚の取り合いになってしまって思うように釣れ続かなくなるんですよねー。





釣友たちは皆、深めのタナでスタートしましたが、自分は最初から浅ダナ狙いでやってみました。

ガッテンとB.B FLASH を使った短竿メーター両ダンゴで餌打ち開始。







竿は今回初使用となる宇崎日新の精魂 別作 陣 硬調の九尺。



以前によっちさんからSHIMANO剛舟の十二尺と十五尺を譲っていただいたときに

おまけで付けてくれた竿です。

九尺ってなんか好きな長さなのか? 気が付くと7本も持っていたりするんですよねーw











朝7時5分、メーター両ダンゴでヒットした本日の一枚目。

目つきが悪いのはスレ掛かりでのダメージによるものか?






予想した通り来場者が多いせいかアタリが続きません。

両ダンゴでは9時過ぎまでやって、たったの11枚(汗)

時間10枚くらいのペースで釣れないと好釣果とは言えませんねー。






どうせ釣れないのなら底釣りでのんびりした方がいいや〜ってことで、

竿を翼の十五尺に変えてバラケとダンゴのセットでの底釣りにチェンジ。



バラケはSET GUN と底バラの二種で作り、食わせは夏とペレ底の半々ブレンド。

ハリス長さは30−40pで上針はギガボトム6号、下針はサスケ4号。




サワリはバンバン出るけど食いアタリがサッパリ判別できません!?(汗)

空振りとスレ掛かりが何度も続いたのちに・・・・・、






ようやく底釣りでの一枚目ヒットです♪


しかし時刻は10時40分(泣)

どれだけ釣れない時間を過ごしていたことか!!w



なんでこんなにも底釣りは釣れないのか?

まあ、言ってしまえば自分の釣技が未熟だということですかねww









やがて昼食の時間となってみんなで食堂へ。

本日のランチは「とんかつ定食」です♪ (また値段忘れたw 800円だったっけ?)





食後は竿をモーリス古今の八尺に変えてチョーチンウドンセットで再開です。

バラケと食わせはいつものやつw



ここからなんとか終了時刻までに22枚釣り上げることができましたが、

やはり魚が居なくなる時間があったので来場者の多さが原因のようです。




ここでひとつ驚いたことがありました。

午前中に一度釣れた同じ個体が終了間際にもう一度ヒット!

片目を負傷していて唇が細く千切れかかってピローンって出ているヤツで間違いなく同じ魚でした。

一度釣られた魚は二日三日は口を使わなくなるのかと思っていましたが、

意外と立ち直りが早いものなんですねー。








本日の釣果

ヘラブナ x 34