2016年9月11日(日)


いつものように今日も手賀川です。

水道橋を渡りきったところで新木水路にやすべえさんの車を発見したのでちょっこす様子見に。

やすべえさん、調子よく釣れている模様。

広い釣り場が好きな自分はやすべえさんと別れてやっぱり手賀川へ向かいました。



今回は北岸のマーちゃんポイントを切り開いて試してみることに。

雑草が茂って普通だったら突入しようなんて思わないような河川敷に上下レインウェアー着用で

鎌を片手に雨が降りしきる中、川岸まで歩いていけるように除草作業をしました。




車を停めてから1時間半ほどの作業を経て、8時56分より餌打ち開始です。



先ずは閃光R 十七尺にてハリスオモリ装着での両グル底釣りでスタート。









30分ほど経って小鯉ちゃんヒット。




ジャミが姿を現さず、小マブも何故か不在なのでノーピクが続いていきます。




3年前ほど前にこの場所を初めて開拓したマーちゃんが様子見に現れました。

しばらく話しをしたんですが、左斜め前方からの風が強まりだし、おまけにノーピクという

この場所の窮状を目の当たりにして曙橋フェンスワンドへと移動していきました。









10時を過ぎて小型ながらヘラブナっぽいのが釣れました。

サイズは20cmほどと全然喜べる大きさではありません・・・・。










次にちいさな鯉ちゃん。











これまた小さな鯉ちゃん。











マブちゃんの初ヒットは11時23分。









調子の良くないときに釣れがちなツチフキ君も登場。

こりゃーヘラブナは期待できないみたい!?



午後2時20分まで続けてみましたが、全然ダメダメな上に東南東風が冷たくて寒くて我慢ができなくなってきました。



対岸に移動しようかと思っていたところにS山さんからメールが入り、

近くに来ているとの事なので撤収して土手の上で合流しました。








S山さんがやってみたい場所ということで一緒に向かった先は新木水路。

手賀川第三機場からの縦水路が交わるT字路から東へ30〜40mの辺りに入って釣り再開です。



風刃 十一尺にて両グルの底釣り。

アタリが出ないのでペレ底単品へ変更。



ウキが動くようになってきましたが、スレアタリばかりで全然食わせられず、

夕方5時ちょっと前の撤収時間までに結局一枚も釣り上げることが出来ませんでした。

S山さんはマブ一尾だったかな?



うーむ、こうも釣れないと次回は管釣りに行こうかと思っちゃいますねー。





今日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 4

コイ x 3

ツチフキ x 1

ワタカ x 1