2016年8月15日(月)


懲りもせずまた霞ヶ浦を狙ってみました。

竿を出したのは最南端の40cmのヘラが出たことのある浅場です。

あれから何度竿を出してもろくな釣果が得られていないというのに。

一度イイ思いをした場所というのは、また狙いたくなっちゃうものなんですよ。




嵐馬 十七尺で両マッシュの底釣りです。













自分好みの広々とした景色。







これでヘラブナが釣れれば言うこと無しなんですが・・・・・










なのにこんな気色悪い外来魚が三連発!(泣)





その後、いつまで経ってもノーピク地獄。





夢が破れて現実の世界に戻るのにはそれほど時間はかかりませんでしたw

このまま続けても無駄無駄無駄〜!





ってことで、すぐ近くにある西浦干拓中央排水路へ移動です。









今日は機場が止まっていて流れが無かったので試してみる気になりました。






嵐馬 十一尺にて両マッシュの底釣りです。

ウキはすぐに動き始めました♪











釣れたのは小コイちゃん。











続いてちいさな半ベラちゃん!?











そしてまた小コイちゃん・・・・。








アタリがとまりません!!w

エサを投入するとすぐに小物がヒットしてきます。









こんな小コイちゃんが6連発w

こういうのって、ボディーブローのようにじわじわとダメージきますね・・・・。




印旛捷水路に続いてここもキンダーガーデンに決定!(泣)

釣れる魚が小型過ぎて続けるのは無理!  ムリムリカタツムリ!











横利根川の網外へ移動してきました。

ヘラが大量に放流されている網中じゃなくて、敢えて網外のヘラに挑んでみました。

入った場所は第二カーブの上流より。



竿を出す前に、常連達の竿が上がるか見ていたんですが、誰も釣り上げません!!(汗)

「今日はダメだ〜」という声も聞こえてきました。

しかし自分は釣れていない釣り場に挑みたがる変態なもので、迷わず釣り座を構えましたw






剛舟 十二尺にて浅ダナ両ダンゴで馴染んでは切るを繰り返すダンゴ餌の連続大量投入作戦です。






しかしいつまで経ってもウキに変化が表れません。

30mほど離れた右側の人は十六〜十七尺くらいで二本くらいのタナでヘラを3枚釣り上げています。

こちらは十二尺でカッツケから底付近まで丹念に時間をかけて探っていますがアタリのアの字もありません!?





じゃあ底釣りはどうなん? って底にエサをつけた途端に・・・・・









57cmのクォイ様降臨!!w


いやぁ〜すごい引きの強さでしたよ。

竿が剛舟だったのに釣り上げるまで相当時間がかかりました。






右隣の人を真似て竿を嵐馬 十七尺にチェンジして二本くらいのタナを狙ってみました。

しかしどういうわけか全くウキは動かず・・・・。






右の人と何が違うのか?

ダンゴ餌は浅ダナのときはS-DESIGN YELLOW 。

二本以上のタナはS-DESIGN GREEN。

ボソっ気のエサから手水を加えてBB-FLASHを入れてヤワネバに調整したり。

小さく針付けしたり、大きくラフ付けしたり、平べったく付けたり、早めに切って打ち返したり、じっくり待ってみたり。

思いつくことあれこれ試したけど、アタリは一回たりとも貰えませんでした。







で、徐々にタナを下げていって底に到着したところで・・・・・・











またクォイ様が!w  およそ35cm。



横利根川の網外って実は鯉釣りの穴場なんじゃないの!?







右隣の人が撤収してお帰りに。

お仲間との会話が聞こえてきたんですが、昼までで6枚との事でした。

自分は結局、10時半から正午まで、あの手この手を尽くして全力で戦ったんですが

とうとう鯉以外はアタリオデコとなってしまいました〜(汗)

入った場所が悪かったということにしておきますw

ってことで、魚が回ってこない場所ならいくらやっても無理!  ムリムリカタツムリ!








北利根川方向から漁船がやってきて利根川方向へと進んでいきました。

放流ベラが逃げ出さないように設置してある網がどのように上げ下げされるのか注視していると・・・



うぉ〜速い!!w

漁船が近づいたらバサッと一気に網を下ろし、通り過ぎるや否や速攻で網を上げていました。

あれじゃあヘラブナが脱出することもないわな!w

網が下りている間は船のエンジン音に驚いて網の近くから遠ざかっているだろうし。



となると網外のヘラブナの魚影って相当薄いんじゃない?(汗)








横利根川を切り上げて、北利根川を渡って霞ヶ浦の舟溜り脇の五本棒杭ポイントへ移動。

しかし到着してみると大波ザプザプでとても釣りができる状況ではなかった・・・・。








ああ、なんか疲れたw

いちおう、どのポイントでも全力投球しているつもりなんですけどねぇ。

今の時期、野釣り場での良型ヘラGetへの道はそんなに険しいんですか?



「だったら釣れるとこ行けばいいじゃーん! 中沼とか新木水路とかー!」っていう声が聞こえてきそうですなw

行ってもいいんですよ。 楽しめると思います。

でももうすこし、釣れるかどうだか判らん釣り場でのヘラとの出会いに期待したいんですよねー。






心身ともに疲れて帰宅する途中、手賀川を通過しようとしたとき、TEAM手賀沼のメンバーの一員として

まだ少し時間があるんだから狙わないでどうする!?っていう意地みたいなものが沸き起こったw







で、浅間橋下流南岸で釣り再開となりましたw






嵐馬 十一尺で両マッシュの底釣りです。

水深はおよそ80cm。






一投目からウキが動き始めました。









で、コイツ!(泣)






その後も、タモロコ、タモロコ、タモロコ、タモロコ、タモロコ・・・・・・・・・・・・






あーもう! ムリムリカタツムリ!(泣)






時刻は午後5時半。

今日の釣りはおしまいです。

どこかに居るであろうヘラブナさん、会えるときが来るまでどうかお元気で!w








本日の釣果

コイ x 8

マブナ x 1

タモロコ x 多数

アメリカナマズ x 3