2016年7月30日(土)


巨ベラという夢を追いかけて、今回も印旛捷水路で竿を出しました。

マブだらけで途中でイヤになっちゃうかもしれないけど、とにかく一日じっくりと狙い続けてみるつもりです。



いつも竿を出すポイントではなく、数百メートル下流側の両側の山に挟まれた場所に釣り座を構えました。

背後が山で対岸も山となると、右か左からの風が頼りとなります。

この場所、果たしてこの暑い時期に耐えられるかどうか?w






朝のうちは日陰になっているポイントなので超快適です。

この辺りに菱藻がほとんど生えていないのは、この日当たりの悪さが原因のようです。

釣り人にとっては涼しい上に何尺でも出せるので好都合ですね。

日中に風が止んだときの暑ささえ我慢できればの話ですがw




朝6時半、嵐馬十七尺にて両マッシュの底釣りで餌打ち開始しました。

餌はマルキュー「マッシュポテト徳用」単品。











餌打ちを開始して14分後にとりあえず小マブ君。






ここから15〜20cm程度のマブ君が釣れ始まりました。










時々尺前後のマブが食ってきたり。











35cmくらいの鯉ちゃんが釣れたり。











涼しい日陰の時間は終わり、暑い普通の釣り場となってしまいました。

完全に風が止むことはなく、日傘を差していればやっていけるほどです。











ウキが動いてはマブ。 マブ、マブ、マブと果てしなく続きます。






もうこうなると楽な軽量竿でやってもいいんじゃな〜い?

ってことで十七尺はそのままで嵐馬(98g)から閃光R(74g)にチェンジです。

閃光Rは軽いといっても江戸川で75cmのレンコに勝利したこともある丈夫な竿です。

巨ベラがヒットしたとしても、なんとか持ちこたえてくれるでしょう。









ちょっとイイ引きだな〜ってヘラブナかと期待しますが現実に引き戻されますw











またしてもフタコブマブナが釣れました!

数年前に印旛新川で釣れたヤツと同じ個体でしょうか!?

よっちさんも釣り上げたことのあるこの瘤付きのマブは印旛水系で流行っている感染症なのか?











20分後くらいにさっきのヤツがまたヒットしてしまいましたw



一度釣れた魚って、ちょっと時間が経てばまた釣れてしまうんですねー。

他のマブも実は2回、3回と同じ個体を釣り上げている可能性が高いですね。

と言うことは、釣った魚をフラシに溜め込んでいったら釣れるペースがダウンしていたのかも!?











巨ベラの夢は幻か?  終始マブに遊ばれて一日の釣りが終わりました。





夕方5時半に納竿としました。

今日は印旛捷水路をヘラブナが通過しなかったということでしょうか?w

巨ベラどころか普通サイズでさえ居なかったようですね。

まあでもマブだらけだとしても最後まで印旛捷水路を攻め続けてみるという目的は遂行できたので、

今回は自分自身で納得できる「負け」となりました。

途中で他の釣り場へ移動してしまったら、後になって「午後からはヘラが回ってきているかも?」とか、

「夕方になったら巨ベラも!?」とか、あれこれ考えちゃうじゃないですかw






まあそのうちまた巨ベラを夢見て印旛捷水路を狙ってみますよ♪






本日の釣果

マブナ x 53

コイ x 1