2016年7月2日(土)


2週連続で印旛沼です。

前回開拓した場所に生えていた葦を藻刈鎌で取り除き、旧護岸の板から先を狙えるようにしました。

しかしこの板の切れ目は底まで丸ごと板が無くなっているのではなくて、水面下30cmくらいまで

強固な板が残っていて非常に邪魔だということが判りました。


ヒットしたら沖で魚を浮かせて水面を滑らせてこないと残った板にラインが引っ掛かってしまいそうです。

困った場所を開拓してしまったのかも・・・・w

やはり板の手前狙いの乗っ込み時期限定の釣り場になりそうです。





まあでも一応やってみましょう。

惜春十六尺を出すと水深はおよそ90cm。

板の手前とほとんど差が有りませんねー。

7時12分、「新べらグルテン底」単品での両グルで釣り開始。









あれれ!?   アタリがありません!!












一匹目は8時48分。

1時間半もかかってやっとこさマブ君とは魚影の薄いエリアなのかもしれません。

これなら数百メートル手前の、いつも乗っ込み時期に竿を出す場所でやった方が

尺前後のマブがたくさん釣れそうで楽しめるかもしれません。











尺くらいのマブ君。








マブが釣れるのなら辛抱強く待てばヘラブナも現れそうなものだが!?











10時25分、三尾目に釣れたのは小マブ君。

これが釣れてしまったので、この場所に見切りをつけることができました。


霞ヶ浦のようには上手くいきませんねー。

ダメですねー。  来年の春に短竿で狙ってみましょう。










時刻は午前11時。

さて何処へ行こうか?









感電ポイントへ行くのに丁度良い時刻だったけど、パワーアップしたアオコでダメージ食らいそうなので

久々に印旛捷水路に行ってみることにしました。









成田スカイアクセスの鉄橋から数百メートル南側の南東岸に釣り座を構えて釣り再開。











誰かが菱藻を切り開いた場所です。

剛舟十九尺を振ると仕掛けは菱藻の先へ入りますが、どうにもウキが馴染まない。

藻が生えていないように見えて、実は底の方に藻が茂っているようです。




仕方なく竿を剛舟十二尺にチェンジ。

藻刈鎌を使って底をさらいます。





ん?




まだ藻か何かにグルテンが乗っかってしまっているようで馴染みません。

藻刈鎌で徹底的に底をさらったのにどーして???







仕方なく竿を更に短く、煉八尺に変えました。

八尺でも馴染みません。 一体どういうことなのか?

底釣りをしたくても底にグルテンが届かないという状態は気分がスッキリしませんねー。




再び藻刈鎌の出番です。

徹底的にこれでもかと底をさらいましたが、何かにグルテンが乗っかってしまう現象は無くなりませんでした。










アタリが出始めて先ずはマブ君のおでましです。











半ベラはイイ引きするので楽しいですね♪

しかし泣き尺サイズ。

時刻は2時半。

春に竿を出した時と比べて、あまりウキが動きません。











よしよし。 マブだけど33cm。

管釣りで八尺でこのサイズのヘラを掛けてもすんなり上がってきますが、

野釣りではあちこち走り回ってとってもスリリングです♪











午後3時27分、やっとヘラブナに出会えました♪

しかし型には不満が残ります。













ここでも小マブちゃんが撤収しようという気にさせてくれました。



時刻は3時半。

今から帰れば6時から始まるヤクルト-巨人戦のテレビ中継に間に合うな。

というわけで夕方のマヅメ時を狙うのはやめにして今日は帰宅です。










本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 7