2016年6月5日(日)


ヘラ釣り仲間と一緒に野田幸手園で竿を出してきました。

Horizonさん、ながいさん、福島さん、未来さん、銀チェロさん、マーちゃんと事務所前の桟橋に並びました。




左端に釣り座を構えて古今八尺にてチョーチンウドンセットで開始です。




バラケはSET GUN + S-DESIGN RED + トロスイミー + 粒戦。

食わせは、とろスイミーを加えた感嘆U。





2ボウル打ってみて、釣果の方は芳しくなく、

それよりも気になることが・・・・・。





実は・・・・・・





やっていて面白くないのであるw





なんでだろう?  いつもだったら連続ヒットのリズムをうまく生みだせるように、

バラケのタッチや打っていく間隔などなど、あれこれ考えながらやっていくのが楽しいのに。

野釣りに集中していた期間が長かった為に頭が管釣りモードに移行できていないせいなのか?



今年の乗っ込みで思うように巨ベラを仕留めることが出来ないままシーズンが終わってしまい、

やや消化不良ぎみでヘラが釣れて当たり前という管理釣り場へ来てしまったからなのか?



釣れるヘラがどれも体高が低くてやたら黄色っぽいヤツばかりなのも楽しめない要因なのかも?



こちらのうっかりした連絡ミスにより、いつも管釣り勝負を楽しんでいる仲間のうちの二人と

今日は一緒にやれなくなってしまった事を何度も思い出してはため息をついていたのも

気分が乗りきらない理由の一つだったかもしれません。











メーター両ダンゴに変えてみました。

餌はS-DESIGN YELLOW 単品です。







なかなか思うように釣れません。









そうこうしているうちに、昼です。



昼飯は食堂でいただいた たぬきそば500円。

う〜ん、なんかあまり美味しそうに写せなかったなー。

実は味の方・・・・・・・・・・。(以下略w)







食後、再びメーター両ダンゴを継続。

魚が釣れないまま残りの餌がなくなり、次にどうやっていくか水面を見つめながら暫く考えました。







ヘラブナが居るのが当たり前な管理釣り場。

そこで如何に餌慣れした魚との駆け引きを楽しむかが管理釣り場の魅力だと思います。

しかしイマイチその魅力を感じることが出来ない今日は一体何をやって楽しめばいいのか?





導き出した答えは・・・・





「底の方に居ると思われる大型を狙って楽しめばいいんじゃな〜い!?」






やっぱり自分は大型ヘラ狙いというものに最も心惹かれる人間なんだなぁーw





とは言ってもここは管理釣り場。

尺半超えのヘラが釣れたとしても、所詮狭い空間に閉じ込められている放流モノ。

たとえ巨ベラが釣れたとしても、野釣りで釣れる巨ベラとは別物です。

その喜びは十分の一にも満たないでしょう。(自分の場合は)






というわけで、グルテンの底釣りにチェンジ。

どーせ使わないだろーってグルテンは持参してきていなかったので、仕方なく管理事務所へ買いに行きました。

「新べらグルテン底」が欲しかったけど売っていなかったので、「凄グル」を購入。

この餌を買ったのはこれが二回目だなー。







独歩十二尺にて上針にS-DESIGN YELLOW、下針に「凄グル」のバラグルセットで釣り再開です!











しばらくして珍しい魚が釣れました。











あの憎きアメナマにとてもよく似ていますが、日本固有種の
ギギという魚です♪

その名の通り、ギギッ ギギッ と針にもがきながら鳴いています。

この魚を釣ったのはこれが二回目で、以前に釣れたのは水郷方面の水路で小物釣りをしていた2008年5月の事でした。

あの時はてっきりアメナマの稚魚だと思っていたんですがw








で、底釣りの方はどうだったかというと、確かに魚のサイズは大きくなり、

41cmというのも釣れましたが、やはり体高が低くて黄色く、おまけに半ベラも数枚ヒットしてしまい、

最後まで楽しさを感じることなく終了時刻を迎える事になりました。







釣果は・・・・・・







なんと真冬を除いた暖かい時期での管釣りで自分自身過去最低。

一緒にやった仲間の中で最低。

更には野田幸手園本日の来場者中でおそらく最低の貧しい結果となりました〜。 あはははー!w







さ〜て来週からは、また野釣りを楽しんでいくことにしようかねー♪

まあ管釣りもそのうちまたやりたくなるときが来るでしょう。








本日の釣果

ヘラブナ x 9

ワタカ x 2

ギギ x 1