2016年6月19日(日)


またまた霞ヶ浦へ行ってきました。 

こうも同じ場所に連続釣行となると少し飽きてくるけど、今日は釣り仲間が一緒なので気分は上々♪

今回は、ジビさん、銀チェロさん、せきろーさん、えいちゃんと並んで竿を出しました。





先週と全く同じ場所に釣り台をセットして早朝から餌打ち開始です。


前回は思いがけず良型ヘラが釣れちゃったもんだから、ポイントは内緒ナイショだったんですが、

それほど大した釣果ではないので入釣場所の画像および詳細を公開します。

霞ヶ浦(西浦)の最南端にある西浦干拓中央排水路が本新干拓機場を介して合流している所から、

境島ドックまでの間にある消波石積堤防前です。

Google Map の航空写真で見てみると、霞ヶ浦には同じような場所が他にもたくさんあるので、

自分の竿を出したこの場所よりもヘラブナの魚影の濃いポイントは他に幾らでもありそうです。

(これでおわかりになるかと思いますが、実はそんなに釣れないんですよこの場所って・・・・・。)











嵐馬十七尺にて両グルの底釣りです。






えいちゃん、せきろーさん、銀チェロさんはヘラやマブを釣り上げていきますが、

自分のウキは何故だかサパーリ動かず。



隣の方では頻繁にアメナマがヒットしております。

しっかしアメナマいっぱい居ますねココは!(汗)

でもどうしてなのか自分の所はアメナマすら現れず!?








一回だけアタリがあったけど空振り。

この前はあんなに半ベラやヘラがウキを動かしていたのにどーしちゃったの???

この釣れたり釣れなかったりするところも含めて野釣りの醍醐味なんでしょうね。






10時半くらいだったか、全員でこの釣り場から撤収です。

自分はジビさんと数百メートル西の浅場ポイントへ。

せきろーさん、えいちゃん、銀チェロさんは西浦干拓中央排水路へと二手に分かれました。







先々週と先週の朝一に入った浅場ポイントに到着して準備していると、

せきろーさんたちがやってきました。

西浦干拓中央排水路は釣れそうな雰囲気ではなかったそうな。

自分も下見した感じでは、釣り人が誰も居なくて釣りをしていた形跡も無かったので同感です。

でも試してみないことには判らないので、そのうち竿を出してみるつもりです。




せきろーさん、えいちゃん、銀チェロさんは早々とお帰りに。

ジビさんと二人で浅場ポイントを狙ってみます。

十九尺を出しても水深は70〜80cmほど。



開始早々にジビさんがよそ見していた隙に十九尺を持って行かれてしまいました(汗)

すかさず猛ダッシュでスカイラインへ走って竿回収用リール竿(ソウギョと格闘したあの竿)を取りにいって、

重めのシンキングミノーを力いっぱい遠投しましたが、スルスルと沖へと引っ張られていった竿は

既に遠くの方まで達していてルアーでは届きません!!


そこへさっそうと現れたのは、裏の土手下で行われていた鯉釣り大会の閉会式に参加していた年配の鯉釣り師。

両軸リールの付いた5.3mほどの鯉竿で30号くらいの錘をブン投げましたが、

キャストコントロールに少々難有りwで、回収できず・・・・。

元・鯉釣り師の自分がその竿を借りてキャストしたら回収できる自信はたっぷりあったんだけど、

そんなことしたら回収してあげようと親切にも来てくれたおっちゃんの面子を潰してしまいそうだったのでやめましたw




ふと左の方を見るとバスボートがこちらの騒ぎに気が付いてこっちを見ているじゃないですか!!

ジビさんが丁寧に声を掛けると回収してくれることとなり、竿は無事に手元に戻ってきました♪






ふううーー、やれやれですw

もうよそ見をして竿を持っていかれないようにしないとね〜w





とか思っていたら、戻ってきたばかりの竿が次の一投で再び持っていかれそうに!?

ギリギリで竿尻を掴むことに成功したジビさんが竿を立てた瞬間・・・・













ぱんっ!!













あらいやだ!?w 

ジビさん、竿折っちゃいました(泣)

哀れSHIMANO 刀春十九尺は回収してホッとした次の瞬間に真っ二つですよ・・・・。

この折れ方は自分が印旛新川で閃光X十九尺を折った時と似ています。

魚が既に沖へ到達して伸されたような状態から無理やり竿を立てようとすると折れちゃうんです。





こんどはジビさんから借りた大きなスプーン(ルアーの)にドボンオモリを足して遠投したら

折れた竿を回収することができました。

(しかし災難だったねぇジビさん)





回収した竿にヒットしていたのは40cm台のアメナマでした。





こんな縁起の悪いポイントからは早々に離脱しないと、今度は自分の剛舟十九尺がやられかねないので撤収ですw








久々に新利根屋に行って昼食です♪

川エビ天ぷら定食と、わかさぎ天ぷら定食をそれぞれ注文して、

エビとわかさぎを半分ずつトレードして、川エビ&わかさぎ天ぷら定食780円となりましたw

このおかげで霞ヶ浦産のわかさぎと川エビの両方が楽しめましたよ。

川エビもわかさぎも、うんまぁ〜い♪

また食べたくなる味ですね〜。











エビの種類は良くわかりませんが、カラッっとおいしく揚がっていて超美味です♪









食後は新利根川を少し上流へ移動した昨日竿を出したポイントに二人並んで入りました。

昨日やったばかりのポイントですが、ヘラがヒットした貴重な場所なので、

やってみたい場所よりも、おでこ回避の為には実績のある場所ということで釣り場に決めました。








自分は今日も東京ヤクルトスワローズのマスコット「つば九郎」のゼッケン番号の入ったTシャツで釣りですw







え?  画像が小さすぎて良くわからないとおっしゃる?w











ハイこんな感じですw

背中のプリント部分の通気性が悪いので正直言って夏場は暑いですこのTシャツ!w

雨天などの涼しい日じゃないと着られないですねー。

(画像はジビさんに撮ってもらいました〜。ありがとうございました。)
















オオタナゴがすぐにウキを動かし始めましたが不思議とフナ類が現れない。

昨日はあんなにマブ君たちがウキを動かしたというのに今日はどうしたもんか?





しばらく時間が経ってから釣れない理由が判明しました。

対岸にある水門から水路の水が勢い良く排出されているせいで流れが変わっていて、

魚のつき場が今日はここじゃなく別の所になっているようです。

こんな状況では粘り続けるよりも移動した方が賢明かもしれません。










なんとっ! 元の場所に戻ってきましたw



先週の良型ヘラが釣れたときの印象が強く残っているもので、未練がましく再挑戦ですよ。

竿は朝方やっていたままの嵐馬十七尺。














真っ先にジビさんのがまかつ紬十五尺が大きく弧を描きました!

なんか折られちゃいそうな危険な曲がり方です(汗)

本日二本目の竿ポッキリになりそうな雰囲気でしたが無事に巨大アメナマをGet。











自分も40cmほどのアメナマを釣っちゃいました(汗)











午後2時21分、やっと本日初となるフナ類がヒット♪








それにしても今日はアタリが遠い・・・・。

魚たちは毎日同じ場所に居るわけではなく、この広大な霞ヶ浦を移動しているわけですな〜。













午後2時38分、待ってました! 待望の美ベラがヒットしました♪

サイズは36cmとあまり大きくはありませんが、この釣り場に戻ってきた甲斐があったというもんです。

嬉しさのあまり大きな画像での紹介ですw







さらなる大物がヒット!?

アメナマとは違います。





やたら走り回るそいつを取り込んでみると・・・・・・










巨大マブかと思ったら正体はコイフナでしたw











うっかり見逃してしまいそうなほど小さなヒゲが口元にチョリーンと生えております。









夕方のマヅメ時になれば前回のように半ベラとヘラが釣れ始まるだろうと期待して続けますが、

今日はどうにもこうにもウキが動かん!!







午後4時過ぎに雨が降り出してしまったので、本日の釣りはおしまいに。








今日はたったの一枚ですが美形ヘラに出会えたのでよしとしよう。

この霞ヶ浦ではもっといっぱいヘラが釣れるポイントを新規開拓する必要がありますねー。









本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 1

コイフナ x 1

アメリカナマズ x 1

オオタナゴ x 1