2016年6月18日(土)


かみさんの実家へ行ったついでに新利根川で竿を出してきました。

草刈り機は購入した燃料を一缶添えての返却です。

また使いたくなったらいつでもOKとの事なので、草が茂っていて諦めていた釣り場があれば

切り開いてヘラ釣りを楽しみたいと思います。

今度は印旛沼本湖の釣り場を開拓してみたいですね〜。






12時26分、かなり下流まで出かけていって、木陰の場所を見つけたので釣り座を構えることにしました。

木陰といっても風が吹くとチラチラと木漏れ日が背中に当たるので日傘も併用します。









先ずは腹ごしらえしてから餌打ち開始。

義母が作ってくれた昼食です。

これだけ食べればお腹いっぱいですよw





頭上に枝が張り出しているので、短めの嵐馬十一尺にて釣り開始。

餌は「新べらグルテン底」+「いもグル」のブレンド。

流れは上げ潮のせいか上流へと逆流していて、ハリスオモリ装着での底釣りです。









オオタナゴがスレで何度か引っ掛かってきた後にマブ君が登場しました。








同じような20cmほどのマブを数匹釣り上げていたら、なにか細身の魚がヒット!?











あれま!?  ウグイさんじゃないですか!!

こんな平地の下流域にも棲息していたとはちょっと驚きです。













で、ふたたびマブマブ、マブの連続です。

釣り上げては針を掴んでひっくり返して足元にボチャンと落としていきます。

その度にバスボートに乗ったバサーが「お!?何か釣れてるぞ?」ってこちらを見ながら通り過ぎていきます。









午後2時50分、玉網の必要な魚がやっと釣れました。











午後3時16分、やっと待望のヘラブナがヒット♪

しかし20cmほどと小さめなのでやや不満。






5時頃に帰宅しますと言って出てきているので、撤収予定時刻は4時15分。

片付けに15分、帰宅までに25分、念のためのプラス5分という時間配分です。










3時47分にまた要玉網サイズ。







ああ、撤収する時間が迫ってきております。

以前にこの辺りで同じような時期に35cmの美ベラを釣り上げた記憶があるので、

そんな魚に出会いたくてギリギリまでがんばっていきます。










4時10分、重量感たっぷりの尺上マブがヒットしました。

これをあがりマブとして今日は納竿しようかと迷いましたが、

最後の一投として4時16分に餌を再投入。





するとすぐにウキが動いてアワセを入れると元気な沖走り!!





竿の弾力で魚が浮き上がって勢い良くジャンプ!!





おっしゃーーヘラだ♪  サイズは32cmくらいか?





と喜んだ瞬間に無情にも針が外れて反動で仕掛けが真上へピョーン!!





見事に頭上の枝に仕掛けが絡まりました(泣)





真っ直ぐ引っ張ったらバチ〜ンとハリスが切れてその衝撃でウキのトップがポッキリ・・・・・。






本日の釣り、悲惨な結末を迎えてしまいました〜(汗)









本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 15くらい

ウグイ x 1