2016年5月6日(金


大型ヘラを求めて印旛捷水路へ単独で出かけてきた。

先日、北印旛沼の吉高機場で出会ったインプ乗りのヘラ師から教わった巨ベラスポットなのです。

その人は昨年、とある一日に驚愕サイズを2枚も釣り上げたことがあるそうで、

そんな話しを耳にしてしまったら巨ベラ釣りたい病患者な自分は狙わずにはいられないんですよw

驚愕サイズって?  尺半とかそういうのをぶっちぎりで超越しているヘラブナのことです。




朝6時44分、前回竿を出した場所から数メートル上流側に釣り座を構えて剛舟七尺にて餌打ち開始。











乗っ込みは終わってしまいましたが、未練がましく短竿でガマの生えている浅場を狙います。

穴の出口よりも手前の浅い方に餌をそっと落としていきます。

餌は「新べらグルテン」100cc、「いもグル」20ccのブレンド。

この配合は流れの無い浅場を狙うにはピッタリでした。













もう一ヶ所は竿掛の下・・・というよりか万力の下w狙いです。

コンクリ護岸から30cmという足元狙いですが、時々水がかき回されて草が揺れるので、

大型が通過しているに違いないと思って餌を設置してみました。


穴の出口付近とこの足元を2〜3投おきに交互に狙っていきます。











餌打ち開始から50分後に先ずは出口側で尺クラスのマブ君がヒット。











次も出口側でマブ君。



足元の方でもアタリは出ますが、なかなかヒットに持ち込めません。

警戒されちゃているのかな?










印旛沼の川魚漁師の乗る船が結構なスピードで通過していきます。

バス釣りのボートはこちらを発見すると減速して波が立たないようにしてくれますが、

漁師の舟はこちらの存在に気付いても全くスピードを落とそうとはしません。

なのでかなりの大波が釣り人を襲ってきます(汗)


「こっちは仕事中なんだよ。遊びに来ている連中のことなんて気にしていられっかよ!」ということなんでしょうか?

自分の経験では、どこの釣り場でも遭遇する漁師の船はスピードを落としません。

これをどう捉えるか?

「漁師たちの仕事場にお邪魔して釣りをさせてもらっているので文句は言えないな〜」と捉えるか、

それとも「ヘラ師が波を被るだろうと予測できるだろうから、少しは減速してくれてもいいのに」と考えるか。

ウキを見つめながらあれこれ考えましたが、結局答えは見出せずじまいでした。

あまり深く考えない方がいいのかもしれませんね。













相変わらず釣れてくるのはマブばかり。











少し体高がありますが、半べラ君です。




ここで低い排気音と共にインプレッサが走ってきて自分の背後に止まりました。

メタルタイプのブレーキパッドがキーキー鳴っています。

現れたのは師匠のKさんでした。(今日お名前を伺いました)



しばらくお話をした後、Kさんも自分の右の方に入って五尺竿にて釣り開始です。











クサガメが釣れてしまいました。

もうこうなるとヘラは来そうにありませんね・・・・。





雨が降り出してしまい、しかも釣れそうな雰囲気じゃなかったので、おしまいにすることに。









最後にまた尺くらいのマブがヒットしてあがりマブにて終了。





帰り際にKさんの様子を見に行ってみると、五尺をやめて十二尺くらいの竿を出す為に、

繁茂している菱藻を引き抜く作業をしていました。

もう短竿浅場狙いは効果が無いのかもしれません。

そういう時期は終わったんでしょうね。




自分も次回からはここ印旛捷水路では長竿だなー。





本日の釣果

マブナ x 8

クサガメ x 1