2016年5月5日(木)


久しぶりに桜川へ行ってきました。

いつもは岸辺に大きな切り株がある場所で竿を出すのですが、

その切り株の下は空洞になっていて危ないとの事だったので、

少し下流側にある低木の脇に釣り座を構えることにしました。




煉十尺で両グルのバランス底で5時40分より釣り開始。







上流側に入っていた人がほぼ同時刻に釣り開始。











水深計測用ロッドでカケアガリの具合をチェックして竿の長さを決めています。

ナツメ型の発泡ウキをヘラ釣り用のウキ止めゴムで挟んで4つ並べて、30cm〜50cm間隔にセットして

遠投して手前に引っ張りながらシモリウキの沈み具合を見て確認します。











先ずは尺くらいのマブ君がヒット♪



と、ここでトイレの神様からお呼びがかかってしまいましたw

スカイラインをかっ飛ばしてコンビニのトイレへと急行ですw







戻ってきてから上流側の人に釣果を尋ねてみたところ、38cmの良型ヘラを

自分がトイレに行っている間に2枚も釣り上げているじゃないですかー!

おおっ、これは期待できるぞー!









ジビさんが到着して自分の左隣で釣り開始です。















対岸に救急車が現れたので何事かと思ったら、どうやらバサーが川に落ちて溺れてしまったらしい!?



その後、レスキュー隊が続々と駆けつけて大騒ぎになっていきました。








ふと、右隣に生えている木の枝が水面に浸かっているところでガサガサと音がしております。

よく見てみると、どうやら草魚が木の葉っぱを食っているようでした。








そんな硬くておいしくない葉っぱじゃなくて、君の大好きな葦の葉をプレゼントするよ〜♪












というわけで足元に葦の葉っぱを投げ込んでみました。







すると・・・・・







すぐ近くにもかかわらず、浮かべた葦の葉を草魚が食べ始めました。

巨大な魚影がまるで潜水艦のように浮上沈降を繰り返しています。



















草魚、釣れるかな?(笑)























スカイラインに積みっぱなしになっている魚に持っていかれた釣り竿回収用のパックロッドを取ってきました。

錘負荷30号というコンパクトロッドとしては超強力な竿で、リールには5号のラインが巻いてあります。











強靭エアロ17号とヘラ釣り用2号ハリスで葦の葉を餌にして草魚釣りにチャレンジですw













もちろんヘラ釣りをやりながらですw

ヒットしてくるのは尺前後のマブばかりですが・・・。

なんだかここのマブは口が少し赤みを帯びているヤツばかりでした。







うおっーーーー!

針の付けた葦の葉に草魚接近!!









食った!?









じっくりアワセのタイミングを計ります。








よっしゃ、今だっ!











すっぽ抜けました(泣)

葦の葉は噛み噛みされてボロボロに(笑)


おまけに強靭エアロの17号の針先はペンチで折り曲げたようにひん曲がっています???

なんて頑丈な口なんでしょう!

もしも草魚に指を噛まれたらズタボロにされそうですね。
















ヘラ釣りのほうは遂に招かれざる客が登場してしまいました(汗)












その後、もう一度草魚がヒット♪

しかし2号ハリスが切れてしまいさようなら〜(泣)














ジビさんから戻りヤマメ用の強力なデカイ針を頂きました。

これに5号の道糸を直結して再度大きな草魚にチャレンジです!













よっしゃーーーーー!  今度こそ草魚ががっちりフッキング!

















 

ヒットしてからだいぶ時間が経過して弱ってきてからですが、ジビさんに動画撮影してもらいました。

(ジビさんありがとうございます!)











遂に弱らせることに成功!





しかしどうやって取り込むよ!?(笑)





直径80cm枠の折りたたみ式じゃない頑丈な玉網を持っているけど

もちろん今日は鯉釣りじゃないので持参してきていない。









岸に寄せてエラに手を突っ込んで一気にズルズルと引っ張りあげました!













117cmの巨大魚とったどぉ〜♪



これまでの自己レコードのぴったし1mを17cm更新できましたw

(ジビさん、体長計測用スケールありがとうございました!)











記念に抱っこ写真を撮ったあとで川へ返そうと持っていきましたが、

その重さときたらギックリ腰になりそうなほどにヘビー級でしたよw









なんか、ヘラは釣れなかったけど草魚が釣れて楽しめて満足しちゃったので桜川での釣りは終了としましたw












手賀川の水道橋〜浅間橋南岸へ移動してきました。











ジビさんは水門脇のコンクリ護岸から。











自分は葦に囲まれた穴で七尺と十一尺で手前と奥を交互に攻めていきます。











「チビッ子集まれ〜♪」と呼んだわけじゃないのに小マブ君が釣れちゃいました。







夕方、せきろーさんとえいちゃんが現れて釣り開始です。

ナイターに突入するそうです。

(コーヒーの差し入れありがとうございました)






水門の右隣でヘラ釣りを開始した人がどうやら中国人のようで、

電話で会話する北京語(標準語)が聞こえてきました。

自分のたどたどしい中国語で会話を試みましたが、その人は日本語ペラペラなので、

中国語で質問して日本語で返ってくるというパターンにw

もうこうなると中国語でがんばって会話し続ける気力が出ませんw

釣りの腕前は上手な人で、泣尺ですがヘラを目の前で上げていましたよ。

お名前を伺うのを忘れちゃったなぁー。





午後6時過ぎに終了として、また龍ヶ崎の病院へかみさんの見舞いに行ってから帰宅しました。








今日はヘラ釣りというよりも、でっかい草魚が釣れたことで嬉しかったなー♪








本日の釣果

マブナ x 5

ソウギョ x 1

アメリカナマズ x 1