2016年4月9日(土)


ジビさんの車に乗せてもらって午前3時半出発で一緒に高滝湖へ行ってきました。

完全に明るくなった頃に現地到着して、橋の上から湖面を眺めると、

全体的に強い濁りが入っていて風も穏やかでハタキ有りと条件としては最高です!





昨年も狙った給水塔隣の岸辺に葦が生えているポイントを見ると驚いたことに釣り人は一名のみ。


その方に声を掛けて話しをしてみると、今日は稀に見る好条件で期待できそうだとの事なので、

左隣に入らせてもらって早速釣り開始です。











付近に生えている葦はハタキのヘラで揺れまくり!

これはイタダキ〜♪ってな雰囲気の中、ドキドキしながら剛舟七尺で釣りを開始しました。


道糸2.5号、ハリス1.5号、針は強靭エアロ17号一本針。

餌は「粉末マッシュ1:1」を水多めで作って「藻べら」でシメたものを使用。





開始早々にウキは動き始めました。



が、



ハタキが本格化しすぎていて餌を食うどころじゃないようで、仕掛けを素通りしているようです・・・・。




でっかいウロコを釣ってしまう事多々有り。




ちゃんと口に掛かったらしいヒットもありましたが、想定外の強烈な引きで

左手でアシストしようと手を伸ばしたけど間に合わずに竿が立てられず、

1.5号のハリスをぶっち切って逃げて行きました(泣)






朝のチャンスタイムが終わる頃、去年も何度か会ったガチョウのトロ子がやってきましたw

あれ? 昨年の5月10日の釣行記を読み返してみたらトロ子じゃなくてダメ子って書いていたなぁー。

トロ子だと思って何度も「トロ子〜♪」って呼んじゃってたよw

もう決定! この子の名前はトロ子です!w



それにしても一緒に行動を共にしていた合鴨のペアとは別れ別れになったようでした。

どうしてなのかはすぐに解りました。 合鴨ちゃんたちはオス一羽だけは見つけましたが、

メスのほうは別れちゃったのか? それとも死別しちゃったのか?

オス一羽になった合鴨ちゃんはトロ子を疎ましく思ったのか離れてしまったようです。








トロ子に少しパンを与えていたら、立ち去らずに自分の背後に居座って、

「キューキュー」と切なげな声をあげて餌をねだってきますw



それを無視してウキに集中していると、こんどは「ガオーンガオーン」と大声で鳴き始めましたw

「うるさいよトロ子〜! お魚逃げちゃうじゃないかー!」って叱ったけど効き目無しですw









試しに手から食べるかな?って与えてみたら、案の定指ごとパクってやられましたw







何も釣れないまま昼となってしまったので、昼食としてコンビニで買った太巻きと稲荷寿司を食べました。

幸いその時はトロ子が居なかったので、クレクレとねだられずに助かりましたw









午後1時頃、イイ感じでウキが入ったのでビシッっとアワセを入れたらゴンって根掛かりw


「なんだアタリがあって根掛かりかよーもう!」って右の方をよそ見していたら、



えっ!?  竿が引っ張られた???



なにぃ〜? って思った瞬間、左方向へと巨ベラらしき魚がロケットスタート。

慌てて両手で竿を握って立てたら竿がギュイーンと曲がり、左の葦先で魚が水面に飛び出た。

「うおぉぉ〜でっけえー!」って見えた直後にフックオフでさようなら〜(泣)

右側に居た人も目撃していて、菱形をしたデカイ高滝べらだったそうな・・・・・。



なんてこった・・・・。 



フッキングした直後に動かずにじっとしていたのは、根掛かりかと思わせて油断させて、

釣り師をあざむく為の技だったのかもねー。






その後はジャミのオイカワがスレ掛かりするのみでナイターにも挑戦してみたものの

マブすら釣れずのノーフィッシュに終わってしまいました。




うーん、今年の高滝初挑戦は巨ベラどころか完全に何も釣れずに終わっちゃったなぁー。

ジビさんはデカマブを一尾釣り上げていたけどね。



夜9時頃に高滝湖をあとにして、途中で食堂に入って晩飯を食ったりしながら

一般道で帰ってきたら帰宅時間は11時半頃となってしまいました。

途中から助手席で爆睡してしまい、気が付くと自宅に到着していました。

(ジビさん運転お疲れ様&ありがとうございました)






そうそう、トロ子は夕方薄暗くなってきた頃、塒へと移動する前に再び自分の所にやってきて、

「今日は餌をくれたり遊んでくれてありがとう!」みたいなことを言ってから去っていきましたよw

(なんか鳴き声がそんな風に聞こえました)





本日の釣果

おでこニョ〜ン