2016年4月30日(土)


ながいさんと現地合流して高滝湖を狙ってきました。

午前2時の目覚まし時計で起きる予定でしたが、まったく起きられずw

4時過ぎに起きて支度をして出発はなんと5時・・・。



トレジアで高速道路をスイスイ走って1時間10分で到着したものの、

やっぱり狙っていたスロープ下には既に釣り人の姿が!(汗)



給水塔ポイントに3名入っていたので、右隣のほうでやろうかな〜って歩いていったら、

「ピヨさーん!」って声をかけられたと思ったら、高須賀池で知り合った I さんでした。

本当にいろいろな釣り場での奇遇が多いですなぁ〜(笑)







給水塔ポイント右端に釣り座を構えて剛舟十九尺で釣り開始です。

濁りが少なく、ハタキも僅かということで沖目を狙ってみることにしました。



逆光の水面ギラギラでウキがみえにくいけど、こんな日に限ってヘラバッグにはスコープが入っていない・・・。










左隣ではながいさんが同じく長竿で狙っています。


ときどきアタリが出るそうですが、どうやらジャミのようです。

自分のほうはサッパリでノーピク状態。






続けていても釣れなさそうだったので移動することにしました。












下流?と言うべきか、ダムサイト寄りの水深のある場所へ。



十三尺を出してみると水深は3.2m。

ながいさんが最近購入したソナーボールという魚群探知機で魚がいるかどうかチェックしたところ、

宙層になにやら反応が表れました。




底やら宙やらタナを変えて色々試しましたが、ノーピク地獄は続きます・・・。

試しにソナーボールをながいさんのウキの真横に浮かべてみると、

スマホの専用画面にお魚マークがいくつか表示されました。

ながいさんはバラケを打っているので何か集まってきているようです。

しかしアタリは出ない。






今度は両グルでやっていた自分のウキの真横にソナーボールを浮かべてみると・・・・・





お魚マークが一個だけ表示されました!w

一匹だけ何か居る!?






でもぜ〜んぜんウキには反応が表れません(泣)







午後1時頃に二人揃って撤収開始。

ながいさんは亀山ダムの方へそのまま向かわれました。

自分は花見川へ移動しようかと考えていましたが、南風が強くなってきていたので

花見川だと横風で苦労しそうだったので、釣りはおしまいにして龍ヶ崎の病院へ

かみさんに会いに行こうかと一般道でのんびり向かうことに。






北印旛沼の近くを通過していた時、先程高滝湖で I さんから教わった話しを思い出しました。

吉高機場で大物を釣り上げている人に出会ったという話。

なんかすごいインプレッサに乗っている人だとか。



ちょっこす下見してみようかと立ち寄ってみると、なかなか釣れそうな雰囲気だったので

かみさんの見舞いは後回しにして、竿を出してみることにしました。











機場の取水口側で剛舟七尺葦際狙いです。


アタリもな〜んにもありません(泣)











反対側の舟だまり向きで竿を出してみました。

外来種の浮き草が水面を覆っていますが、一ヶ所ほんの僅かな空間だけ丸く穴があいています。

しかしその穴があまりにも小さいので、出口まで切り開いてから竿を出しました。











ここには昔から一羽のペリカンが棲んでいます。

漁師などから餌の魚をもらって生活しているようです。














マブちゃんGETで本日のおでこは回避されました〜♪





と、




釣り人らしき人が「釣れますか〜?」って現れるや否や、




「あっ! 切っちゃったの!?w」って、浮き草を切り開いたことに笑いながらも困惑してる・・・・?





色々と話しを伺うと、さっき Iさんから教えてもらった大物を釣り上げたという

インプレッサに乗っているここの常連さんでした。




聞くと、ここに元々あった小さな穴で五尺竿でやっていたそうな。

岸スレスレの際がヘラブナの通り道だそうで、浮き草に切れ目があるとヘラはUターンしてしまうそうな。

この時期のヘラ釣りは魚の通り道を狙えるかどうかが釣果の分かれ目だそうで、

その人は短竿葦際狙いを得意としているようで、五尺という超短竿が足元のヘチ狙いには最適との事。


ヘチ狙いなので水を汲んだりするのも魚に警戒されちゃうので、別の場所で汲むようにするとか、

穂先は水面に入れないでおく方が良いとか、様々な工夫を凝らしながら大物にアプローチしている方でした。



インプレッサも凄かったw

ちょっと見させてもらったんですが、巨大なカーボン製GTリヤスポイラーが装着され、

エンジン、足回り、吸排気系、あれこれチューニングされているサーキット仕様で、

パワーは低め設定との事ですが、それでも400馬力だってさw  お仲間はみんな500馬力なので追いつかないそうな。

筑波サーキットをラップタイム1分3秒台で走るというから車だけじゃなく腕前も相当なものです!

自分なんてノーマルの初代インプレッサで筑波サーキットには三回チャレンジしましたが、

どうがんばっても1分11秒でしたから・・・。

エンジンパワーの違いで3秒、足回り、LSD、セミレーシングタイヤで3秒、あとは腕の差が2秒かなー。

2秒っても相当な差ですよ。 300m以上は離されているだろうな。



ヘラ釣りの話だけじゃなく、そんな車話にも花が咲いて色々と楽しい時間を過ごさせてもらいました♪

(お名前を伺うのをすっかり忘れちゃったなぁー)







そのインプ乗りのヘラ師がお帰りになった後、35cm前後のマブ君を数匹釣ってから

かみさんの居る病院へと向かいました。










本日の釣果

マブナ x 5

コイ x 1