2016年4月2日(土)


前日の夜から車中泊で手賀水系を狙っちゃおうと計画していたんだけど、

冷たい北よりの風が吹き始めて、おまけに雨まで降りだしたので中止にして、

早朝まだ暗いうちからの出撃に変更しました。


午前3時半、雨が止んでいたので傘を持たずに自宅を出発。

これが失敗でした(汗)




まず向かったのは西印旛沼の某有名ポイント。

午前4時半に到着すると、狙っていた最有力場所は既に2名の釣り人で埋まっていましたw

そこから印旛新川の新規開拓ポイントへ移動したものの、雨脚が強くなってきてしまった。


「♪釣らなーくちゃ、でかい〜ヘラを釣らなくちゃ、  傘が無い〜〜〜!」の井上陽水状態wなので、

車の中で雨が小降りになるまでしばらく待機。






朝5時半過ぎから自分で切り開いたいつもの場所で準備開始です。

あちこちでハタキが始まりました。

印旛新川はこれまで護岸されている所でしかやっていなかったので、

本流でのハタキを目撃したのはこれが初めてです!




嵐馬九尺で餌打ち開始。

餌は「粉末マッシュ1:1」100cc、「新べらグルテン底」40ccの配合で針は強靭エアロ15号。

今日も正面と右の葦際、左の浮き草際と三ヶ所を攻めていきます。



先ずは真正面に餌打ち。

一投目、ウキが馴染んで十数秒後にスコッと消しこみましたが空振り。






うわっ! 今日は魚が居るな〜♪







と期待したのはヌカ喜びだったようで、二投目でコイツがヒット。









クォイ様 55cm。











続いてマブ様 35cm。











またしてもデカマブ。












う〜んコイツは体高のあまり無いタイプのヘラか?

判断が面倒なのでマブでいいや。







しばらくしてワイハー帰りのマーちゃん登場です。

続いてよっちさんも様子見に現れました。


マーちゃんはハタキの現場を目撃してヤル気がでたようで近くで釣り開始です。



自分はよっちさんが見守る中、何度か出たアタリにアワセを入れたもののすべて空振り(泣)

マーちゃんもサワリは出るものの食いアタリが出ないとの事で釣れていない様子。






昼過ぎに印旛新川に見切りを付けて手賀水系へと移動開始です。






亀成川に到着するとジビさんがちょうど到着したばかりで偶然一緒になりました。

二人で上流の方を偵察してみましたが、上流域は水が澄んでしまっていて釣れそうになかったので、

濁りのある下流側の浅場で竿を出してみることにしました。






昨年釣果が得られた場所に釣り座を構えて煉十尺にて餌打ち再開です。

ジビさんは十一尺。












水深は50cmほどですが、程よく濁っているので一応期待はできそう!?






いやいやダメでしたw




アタリが出ないので十七尺も出してみましたが無反応。





時刻は午後2時45分。

思いきって手賀川への移動を試みることに。











浅間橋下流北岸へやってきて大急ぎで釣り支度を整えて十尺にて餌打ち再開。





う〜ん、全然アタリが出ません!(泣)









釣れたのはマブちゃん一匹だけ・・・・。

半ベラとデカマブをスレでひっかけただけに終わってしまいましたw





帰りに下流の方でやすべえさんの車を見つけたので声を掛けて少しお話させていただきました。

なんと、ヘラ20枚釣れているとの事!!

うへぇ〜腕が達者なのと場所が良いからか、浅間橋寄りの自分達の入ったエリアとは大違いですなぁー。

(やすべえさん、またよろしくおねがいします♪)






うひぃーー、へらおでこになっちゃったよう(汗)






本日の釣果

マブナ x 4

コイ x 1