2016年12月11日(日)


S山さん、ジビさん、ながいさん、Horizonさんと埼玉県幸手市営釣り場「神扇池」で竿を出してきました。

朝7時少し前に到着すると、S山さんが中央桟橋の真ん中辺りに釣り座を確保してくれていました。

(S山さん、ありがとうございました)





十八尺両グルの底釣りで釣り開始です。

S山さんは十六尺で段底。

ジビさんは二十一尺で両グル底釣りです。





冷たい北西風が真後ろから強く吹いてくるので、小型パラソルを使って風を遮ります。








十八尺は昨日釣りの帰りに中古で購入した閃光Gです♪



本当は閃光Pを買おうとお店に行き実物を手にとって眺めてみたんですが、

あの派手なオレンジ色がどうも自分には受け入れられなくて・・・・。

閃光Lと同じような色でパワーロッドを作ってくれていたら買いなんですけどねぇ。

自分は青い色の竿、好きなんですよw



結局、中古竿コーナーで見つけた閃光Gに魅力を感じました。

重量は閃光Lと同じく80gと軽量で、店主から聞いた話によると閃光Rよりも強い竿との事。

自分好みな地味な色合いで、しかも安かったので即決しちゃいましたw






しかし釣れたかと思えばスレばっかり!!w





強烈な北西風で釣りにくいし寒いしw









Horizonさん、ながいさんのお二人は11時からの半日の釣りで合流です。

最初は自分たちの後ろで向かい風の中で竿を出していましたが、

左の方の例会組が部分的に居なくなったので、S山さんの左隣に移りました。

「太陽がこんなに暖かいなんて!!」 と喜んでいましたw

冷たい風を正面から受けての釣りは本当に厳しいものがありますからねー。




ウドンセットをやってみてもよかったんですが、買ったばかりの竿で底釣りで釣り上げたかったので、

十八尺のまま、両グル、両ダンゴなどの底釣りをがんばって続けることにしました。




口の中に針が入らずにクチビルの辺りに引っ掛かって残念ながらスレ決定というのが2回。

あとはフッキングポイントがおなかだったり、ほっぺただったりw




結局一枚もちゃんと釣れることなく終わってしまいました(汗)

なんと釣果が得られたのは5人のなかでS山さんただ一人!!(笑)

S山さんは段底で5枚の釣果を得ていましたが、それにしても激渋を通り越して超激渋でした〜w







本日の釣果

おでこニョ〜ン