2016年11月20日(日)


前日の土曜日に うっちさんが印旛新川で40上の立派な体型をしたヘラを釣っているので、

遂に冬の新川で巨ベラが狙えるシーズンに入ったようです。

もうこうなると管釣りモードはこれにて一旦終了〜!

今後は高滝湖で上げた46.5cmという自己記録の更新目指して印旛新川通いが始まります!


しかし冬の印旛新川ではこれまで午前中に良型ヘラを釣った経験がなく、

一回目の巨ベラの回遊はお昼の12時半だと思っているので、それまでの間は別の場所で竿を出して、

12時半の地合いに丁度良い時刻に移動して狙っていこうという作戦です。







というわけで朝7時頃、先ずは手賀川のマーちゃんポイントで釣りスタート♪



午前11時納竿ということで、正味4時間の手賀ベラとの勝負開始です。

前回竿を出したときは減水していたけど一応ヘラの顔は拝めました。

今日は平常水位に戻っていて、前夜に降った雨のせいか濁りも入っていてよさげな状態です♪



ここではこれまで短竿岸寄り狙いで好釣果が得られているので今回も短竿です。

竿ケースから取り出したのは煉十尺。

不意の大物による沖走りで竿が立てられずに負けてしまわないように、

今日も仕掛けが着水してすぐに60cm竿を引っ張って九尺を使ったときと同じラインに餌を着底させます。

アワセて魚にフッキングした時点である程度竿が立つアドバンテージを得ようという作戦です。

道糸が60cmほど余計にたるむことになりフッキングが遅れるのではないかという心配は、

そのタイムラグがおそらく0.05秒くらいなものなので気になるほどではないと思います。





餌は「α21」と「いもグル」の半々ブレンド。

冬場の待ち釣りスタイルではいつもこの配合です。

両グルでバランスの底釣りで狙っていきます。







だが、しかーし!








いくら経ってもウキがちっとも動きません!w








どうやらジャミすらいなくなった模様。










やっとウキが動いたかと思えばワタカ君でしたw







さらに2尾、ワタカを追加したところで重たい何かがヒット!?










でかい亀でしたw

しかもこの亀、アカミミガメでもなくクサガメでもない!?

ネット検索してみると、これがイシガメでした。

もっと上流域の清流に棲むカメかと思っていましたが、まさか手賀川で出会えるとは!




フナ類が全く釣れないまま3時間以上が経過してしまいました。

印旛新川での巨ベラ勝負はヘラに出会えずに終わってしまう可能性が90%以上という

過酷なチャレンジなので、ここ手賀川で小さくてもいいからへらの顔を拝みたかったんですが・・・・。




時刻は10時半。

残り30分だけでも長竿を試してみようと閃光R十七尺を出しました。





すると一投目からすぐにウキが動いてカチッっと良いアタリが発生!

アワセは空振り!!  無念!w









二投目ですぐに本命ヘラブナがヒット♪



あれぇ〜?  最初から十七尺で始めるべきだったかーー!?









餌を投入するとすぐにヘラがヒットという信じられないような展開になってきました♪


サイズが26〜27cmなのがちょいと不満か。

それでも野ベラの引きはちっちゃくても本物ですね! 

あちこち力いっぱいに走り回ってくれるので楽しませてくれました♪





と、ここで銀チェロさんが登場!

印旛新川へ行ってみたけど誰も知り合いが居なかったのでこちらにやってきたとの事。

良く釣れるから一緒に竿を出すのをオススメしたんですが様子見モードのようで・・・・w









11時になってしまいました(汗)

印旛新川へ移動するの為の撤収時間です。

相変わらず釣れまくっていて、なかなか終了できません!!w




後ろ髪を引かれる思いで爆釣なポイントから撤収しました。

釣れ始まってからおよそ30分で7枚という釣果は、時間14枚のペースです!!

しかも釣れたのは全てヘラブナという信じられない展開でしたw

このまま夕方まで続けていたら野釣りでの数釣り記録が更新されていたかも?

次回は最初から長竿での開始で決まりだな〜w











さて、印旛新川での後半戦スタートです♪




神埼川合流点ちょい上流側の浅場を巨ベラと勝負するポイントに選定しました。

二十四尺を出したいところですが、雨が降ってきそうなので嵐馬二十一尺を使います。


釣り支度を整えて、さあ第一投目というところで うっちさんが登場!

うっちさんは左隣に釣り座を構えて自分と同じ嵐馬二十一尺を取り出しましたw

同じ土俵で勝負しようということですな!w

そーですか受けて立ちましょう!w


っていうか、うっちさんとの勝負、開幕からこれまで一勝もできていない5連敗中なんですよね〜(汗)





先に嵐馬を絞らせたのは うっちさんでした。

かなりヘラに近いけど半ベラとの事。

さらにもう一尾、尺をゆうに越す半ベラを釣り上げていきますが、

自分の嵐馬には木の棒とか枝とか枯れ葉ばかりが引っ掛かります(泣)


うっちさんに「枝とか釣れちゃわないですか?」 と質問してみると何も引っ掛からないとの事。

あれー!?w

自分の竿を出している場所、いろんなゴミが溜まっていてダメポイントなんじゃな〜い?w



と、いきなり電話が鳴ったかと思えばS山さんでした。

逆水橋付近でやっているそうな。

お互いがんばりましょーってことでウキに集中していきます。





うっちさん、半ベラを幾つか釣り上げた後にデカイ本命を釣り上げちゃいましたぁ〜!w

ちょうどマーちゃんが様子見にやってきたところで、三人で うっちさんが釣り上げたヘラを計測します。

38.5cmの印旛沼産のフライパンヘラでした。

それはもう神々しいほどの輝きを放っていて、目に入った瞬間、思わず目を逸らしたくなるほどの完璧なヘラですよ。



0 - 3でリードされていたところに満塁ホームランを打たれたようなダメージが襲ってきましたw

今日の勝負、もはや逆転の望みは絶たれたか?(泣)

もうこうなると尺半クラスを釣り上げて形勢逆転を狙うしかないでしょうw






うっちさん優勢な状況で今度は よっちさんが登場です!

よっちさんと うっちさんはお互い印旛新川の常連同士ですが会うのは初めてとなりました。

あーもう、うっちだのよっちだの、紛らわしいんだよあんたらはーw 

こっちはここへ来てまだ何も釣れていないんだよー!w

ムキィーーー!!w







と、

ここで
ぴよっちwの嵐馬が遂に絞られました♪







むぅーーーー38.5cm!!



サイズは うっちさんが先程釣り上げたヘラと同寸ですが、体高はそれほど無いので見劣りしちゃいますー。

とても逆転できるサイズじゃないですが、やっぱり長い間待ち続けて手にした良型ヘラはいいもんですね♪




と、

今度は最近「へら専科」に載ったTさんの登場です!

Tさんに会うのは春の乗っ込み時期以来ですなぁー。

Tさん登場で よっちさんとのおしゃべりがさらにボリュームアップしてとても賑やかな釣り場になってきましたw




暗くなってウキが見えなくなったところで終了となりました。

気が付けば うっちさんは何度も竿を絞らせていてマブ、半ベラ、ヘラと好釣果を得て嬉しそうです!

一方こちらはと言うと、アタリ4回、空振り3回。

同じ嵐馬二十一尺、同じく両グル、ほぼ同じ開始時刻だというのに・・・・w



つまりこれって、完全なイコールコンディションでこれだけの差が出たということは・・・・



ムヒューーー完璧な負け! 6連敗!!(笑)




まあ相手は自分よりも細くて警戒されにくい0.6号ハリスを使用というアドバンテージがあったし!?w



それって全然アドバンテージじゃないしぃ〜! むしろ細ハリスで釣り上げること自体すごい事だしぃ〜!(笑)





撤収作業をしていたら再びS山さんから電話が入りました。

逆水橋でも37cmのヘラが出たそうです!

「38.5cm出ましたよ♪」と伝えると明らかに悔しそうな声が聞こえてきましたw



今日はS山さんに勝てたから良しとしましょうかね〜♪w









本日の釣果

ヘラブナ x 8

ワタカ x 3

イシガメ x 1