2016年10月29日(土)


前日に雨が降って手賀水系の水位が10cmほど上昇したのでマーちゃんポイントを狙ってみました。

うっちさんと九尺でヘラが良く釣れた日も増水&濁りという条件だったので今回も期待できそうです。


今回は土手とポイントの間にある湿地帯を長靴で横断できるルートを切り開きました。

もうこれまでのように延々と遠回りしなくても土手脇に停めた車から直進できるようになりました。






朝7時10分頃、マーちゃんポイントに三ヶ所ある釣り座の左側を選んで嵐馬十一尺にて餌打ち開始です。



「新べらグルテン底」単品での両グル底釣り。

流れはゆっくりと左の下流方向へ。

水深は60cmほど。





しばらくジャミアタリが続きます。









餌打ち開始から30分ほど経ってウグイがヒットしました。











7時46分、20cmほどのヘラ君がヒット♪



よしよし! やっぱり雨の翌日はヘラが岸寄りを回遊するみたい。











8時11分、25cmの小型ヘラ。











タモロコに混じってオオタナゴもヒットします。











マブ君もおでましです♪











午前9時、ギリギリ尺上の31cmが釣れました♪





短竿で調子よくヘラが釣れている状況でしたが、二十一尺でウキが立つ辺りで大きなもじりが発生!

となるとやっぱり長竿を出したくなっちゃいますねー。

もっとデカイのが釣れそうだし。

買ったばかりのNewロッドを早く試したいというのもありまして。








新調したのはSHIMANOの新製品、閃光L 二十一尺。



これまで使ってきた翼 二十一尺はジビさんに譲ったので、

これからは巨ベラ狙いとアメナマ危険地帯は嵐馬に任せて、それ以外はこの竿でやっていきます。

それにしてもSHIMANOさんが設定した12万円っていう価格は高すぎですよw

使っている材料はどの竿もそれほど違わないでしょうから、高値の理由は研究開発費でしょうか?

折れたらダメージでかいだろうなぁ・・・・。







流れが緩かったのでバランスの底釣りで餌打ち再開です。

ここでジビさんが合流して右隣で釣りスタートです。

十一尺でヘラが複数枚釣れたのを伝えたのでジビさんも十一尺で始めました。








さて、最初に何が釣れて竿に魂が入るかな?

これまでに竿を新調する度にこんなことを考えながら餌を付けて振り込むわけですが、

大抵は野釣りなのでマブ君だったり鯉ちゃんだったり。









どんな魚の魂が入るかワクワクドキドキです♪










アタリが出始めましたが空振りの連続・・・・。























できればタモロコじゃなくて、いきなり尺前後のヘラブナがヒットしてくれると嬉しいんだけどねー。








































おお!?  何かがヒット!?








































お前かよっ!!w



閃光Lの二十一尺にはワタカの魂、入りました・・・・・(泣)











その後、延々とタモロコが釣れ続くので、長竿はやめにして短竿に戻しました。

ヘラブナの魂はそのうち入ることでしょうw







嵐馬九尺で水深50cmほどの浅場狙いです。

なんだか乗っ込み時期のようなウキの近さで春のような気分になりそうですw









尺に届かないサイズばかりですがヘラがまた釣れ始まりました♪







午後1時過ぎになって東寄りの風で逆流するようになるとヘラのアタリは無くなりました。

ジビさんはここでおしまいに。

自分はもうちょっと大きいのを釣りたいので手賀沼へ移動です。










手賀沼の野球グラウンド脇にやってきました。



閃光R 十七尺で両グル底釣り。

水深はおよそ50cm。





100%ジャミアタリという状況が午後3時まで続きました。

小マブすら現れず・・・・。





残り餌あと2投分というところで素早く走る大物がヒットしましたがスレ掛かりだったらしく針外れ。

いつもだったら再び餌を作って逃がしたヤツの仲間を狙うところですが、

なんだか疲れてしまったので午後4時前ですがおしまいにしました。








今日の釣果

ヘラブナ x 7

マブナ x 6

ワタカ x 1

ウグイ x 2

オオタナゴ x 2

タモロコ x 多数