2016年10月23日(日)


S山さん、銀チェロさん、ジビさんと小貝川吉野で竿を出してきました。

野釣り感覚でやれるこの管釣りで静かにのんびりと底釣りを楽しもうと思って計画しましたが、

なんと前日の土曜日に5トンもの新べらが放流されたとの事!?

直前にHorizonさんから教えてもらうまで全然知りませんでしたw



朝6時頃に到着してみると今までに見たことが無いほどに大行列ができあがっていました(汗)

(銀チェロさん、場所確保ありがとうございます)







事務所近くの足場の高い辺りに釣り座を構えて開始です。

もっと遠くの方まで歩いていけば水面に近い足場からやれるんですが、

どうせ長竿でやるわけだから人の少ない不人気場所でもいいかな〜って。

(後になって玉網の柄が一本物しか持参していないことに気付いて後悔しましたがw)









新べらといえば両グルでの底釣りでしょーってことで、閃光R十七尺にて釣り開始です。

餌は「新べらグルテン底」単品。











餌打ちを開始して間もなくウキが動き始めて一枚目が釣れました♪











次の餌を投入すると、なんと早々とリャンコです♪




パタパタと面白いように釣れ続きます。

こりゃー今日は爆釣だぁ〜♪

目標枚数を60枚に設定しちゃおうかなw






ん?  あれれ?







12〜13枚釣ったところでアタリが途絶えました。







竿を閃光XX十三尺にチェンジしてみました。

二十一尺でやっていたジビさんも十三尺に変更。





そこからジビさんは調子よく釣れ続き、なぜだか自分の十三尺にはアタリが表れず・・・・。

同じ両グルの底釣りなのになぜ!?(汗)





竿を再び十七尺にしたり、あれこれ試しましたが釣れ続いているのはジビさんだけ。

S山さんも銀チェロさんも4〜5枚と不調な様子。

なのにジビさんだけが釣れまくるのは何故だぁ〜?w








11時過ぎより、うっちさんとせきろーさん、えいちゃんが合流です♪

ジビさんの右側にうっちさんに入ってもらって、自分の居たところにえいちゃんに入ってもらい、

自分は一番右端へ移動しました。 爆釣ジビさんから距離を設けないと釣れないような気がしたものでw



野釣りがメインの うっちさんは管釣りなんと3年ぶりくらいとの事でした。

ここ小貝川吉野は30年以上前に来て以来だとのこと。

おお〜〜〜ヘラ釣り暦が長いんですね〜。











せきろーさんは左端の階段下に釣り台を水中に立てて開始です。






十三尺でメーターウドンセットを試してみたりと色々がんばりましたが、釣果がイマイチ伸びません!!

新べら放流の翌日とは思えないほどの不調ぶりの原因は一体なんだろう?

小貝川吉野はとても広いので、どこか別の場所に新べらが溜まってしまったのかも。





終了時刻の午後3時となっておしまいです。




今日はS山さんに勝てるだろうか?と気合を入れて挑みましたが、

終わってみたらジビさんがぶっちぎりで竿頭でした。

思わぬ伏兵が・・・w




次こそは何処かの管釣りで新べら爆釣というのを体験したいものです。






今日の釣果

ヘラブナ x 20