2015年8月8日(土)


毎年恒例の西湖遠征です。

メンバーは銀チェロさん、マーちゃん、せきろーさん御兄弟と自分。(せきろーさん達は翌日に合流)

燃費の良さと仮眠のし易さを考えてスバル トレジアで出動。

午前1時45分に自宅を出発。

クルーズコントローラーでアクセルに足を乗せることなくのんびり走って西湖到着は4時15分。



まだ薄暗い中、懐中電灯を頼りに斜面を降りて長崎鼻の右側に釣り台設置。

釣り場は一番乗りだったが、直後に常連さんがお一人現れてちょっと右の方へ行った辺りに入った。

話を伺うと昨日は二十一尺で20枚釣れたそうな。

これは期待できそうだ♪





朝5時頃、明るくなってから閃光R 十七尺にて餌打ち開始。


先ずはこれまでの西湖釣行実績のある浅ダナ両ダンゴで始めてみた。

狙ったタナはおよそ1m20cm。

餌はマルキュー Super-D + BB-FLASH。

以前から好んで使っていたPROGRAM が販売終了となってしまい、

その代わりになる似たようなダンゴ餌としてこのスーパーダンゴを購入してみた。

全然関係ないけど昔あったペンタックスの一眼レフカメラ Super A とか Program A を思い出すなぁ〜。




支度をしているとマーちゃんが到着して左隣に釣り座を構えた。







マーちゃんは十八尺で深宙。











やがて到着した銀チェロさんは右隣で二十一尺。






朝まだ暗いうちはもじりが多数発生していたポイントだったんだけど、

ちっともウキは動かずサワリすらありません!?





しばらくしてマーちゃんが一枚GET!

釣れたのは深宙のグルテンだそうでビックリ!





竿を閃光X 十九尺にチェンジ。

深いタナからカッツケまで色々試していくが反応なし・・・。









本日の初ヒットはトンボでしたw

仕掛けを回収中に針目掛けてアタックしてきて絡まってしまいました。

帰宅後に図鑑で調べたらこれはオナガサナエでした。






ここまで遥々遠征してきているというのに、この釣れなさは何なんだ!?

と全員ダメージを食らい始めた午前10時過ぎに何やら水面に黒い影が見えるようになってきた。





カッツケでドカドカとダンゴ餌を大量投入するとウキ直下にヘラが集まってきた。





しかし漂うバラケをパフパフしているだけで針に残った部分は全く口にしようとしないみたい!?

釣られ慣れて学習してしまっているのか? それとも食欲のスイッチが入らないだけなのか?








初ヒットはなんと10時47分。

仕掛けの投入時に落ちない程度に超ラフ付けしたダンゴ餌が有効でした。















岩の上からヘラの動向を視認する銀チェロさんとマーちゃん。




「Piyoさんのウキの下にヘラが10枚居ますよ」と魚の集まり具合を教えてくれた。


が、


それでもサワリすら出ないこの状況は中沼のカラツン地獄よりもたちが悪い!w






風が強まってきて仕掛けの投入がやりにくくなったのと、

カッツケ狙いなので竿が短くても遠くまで仕掛けが届くので竿を 翼 十五尺にチェンジ。








次に釣れたのは午後1時27分ですよ・・・・(泣)



魚はずっと目の前に居るんです。

でも食わない。

お前らいい加減にしろーーー! とヘラに説教したくなるほどにw




だったらウドンセット、角麩、ヒゲトロとかやればいいじゃん?ってことなんですが、

マーちゃんがヒゲトロ、自分がウドンと角麩とそれぞれ試したんですが何故だかダメでした。

自分の経験不足、技量の無さを痛感しましたよ。 トホホ・・・。






いままでにこれほど苦しい展開となったことは無いと言えるほどに厳しい釣りとなりました。

唯一の救いが涼しくて快適だったことかな。

右側に入った常連さんは釣果ゼロだったところをみると、釣れなかったのは日並なのか。




次の日に合流する せきろーさん御兄弟に「西湖ダメっす」という旨のメッセージを送り、

翌日は釣行先を精進湖に変更。




精進湖民宿村にある宿へ行ってビールや酎ハイ飲んで早めに就寝しました。







本日の釣果

ヘラブナ x 2