2015年8月1日(土)


今日も猛暑日となる天気予報だったので朝のうちに集中的に釣りをしようと思い、

午前3時にセットした目覚まし時計だったが、鳴ったベルを止めたのか解らないまま、

眠りが十分に満たされた朝6時に目が覚めた。


もうこうなったらどーでもいいやって気分になり、かみさんと食パンを焼いて食べてコーヒー飲んで、

ついでに朝7時のNHKニュースまでしっかり観てから釣り支度を整えて自宅を出発した。



朝8時過ぎに手賀川の曙橋フェンスワンドに到着すると、

銀チェロさん、マーちゃん、フィッシングライフさん、せきろーさん、中ちゃん、

そして中ちゃん釣友の方(イゾンのダンナさん)と水門両側に分かれて釣りを開始していた。



と、



曙橋寄りの土手の上に見覚えのある二人の姿が?

座生川でお会いした福島さん達じゃないですか!

「もうこのポイントはいっぱいで入れないですね〜」とちょこっとお話をして別れました。

(別れた後でみんなに紹介すべきだったと大後悔)



で、水門でやっている仲間のところへ行ってみると、

チャンベラとマブばかりで不思議と誰一人として良型ヘラは釣れていないとの事。

依存症のダンナさんは、流石にそう呼ばれているだけあって既に出来上がっているようでしたw(何が?w)

実はチーム手賀にもマーちゃんというその道の実力者が居たりするわけだがw




しばらく皆さんの釣りを様子見していたんだけど、

手賀川の水道橋や浅間橋の下の日陰で涼しいポイントが釣れるのかどうか気になっていたので、

皆と別れて一人で行ってみることにした。





先ずは水道橋をチェックすると思ったとおり釣り人有り。

次に浅間橋北岸の橋の下を見ると右側の歩道橋下に一名。

日陰の範囲がより広い道路の下は空いていたので入釣することにした。

歩道橋側の人に釣果を尋ねると釣れるのはジャミだけという残念な状況だった。




ほどなくして銀チェロさんが様子見に現れた。






思ったとおり橋の下の日陰はすこぶる快適♪

ちょっと風が吹いてきただけで涼しさ満点。



しかし問題有り・・・。

天井が低いので竿先がバチバチと橋桁に当たってしまう。

最初は七尺でやっていて問題なかったんだけど、どうにもやはりウキが近すぎる。

七尺で約1本ほどの水深があったので、岸際をヘラが回遊してくれれば釣れるのかもしれないが、

やはり少しでも沖目を狙いたくなったので九尺にチェンジ。











右側の人が言っていた通りで本当にジャミのタモロコしかウキを動かさない。

(この画像は銀チェロさんが撮ってくれました)





水深の半分ほどのタナをマッシュで攻め続けたが手前の方はヘラ不在って感じ?








餌はマッシュのままでタナを下げていって底に着いたところで30cm弱の鯉ちゃんがヒット。

それを見届けたところで銀チェロさんはお帰りに。






もじりはもっと沖の方で時々出ていたので長竿を振りたいところだけど、

どう頑張っても橋の下では九尺が限界。

日陰じゃないけど橋桁に竿先が当たらない左の方で長竿を振ろうかどうしようか迷って、

あと1時間もすれば太陽が西に傾いて日陰になるだろうという辺りに2mほど移動することにした。







竿はとりあえず十七尺を選択。

十七尺で水深は2本ほど。

マッシュを作り足して餌打ちを再開した頃に、今度は せきろーさんが様子見に現れた。



ちょこっとお話をした後、せきろーさんにお願いしてひとっ走りコンビニに昼食を買いに行ってきた。

アメリカンドック一本だけという小食過ぎな昼食を購入して釣り場に戻った。

しばらく釣り談義をした後、せきろーさんはお帰りに。



正午を過ぎた頃から急に利根川方向の下流へと強烈な流れが発生してしまった。

宙狙いは諦めてハリスオモリの底釣りにチェンジしたが、流れが速すぎて仕方なくドボンに。

ドボンでも流れが速くて0.8号オモリで使用するウキは沈んでしまった。

1号オモリ&浮力の強い大きなウキにしてやっと釣りが成立するほどだった。







そんな中でヒットしたのはオオタナゴ一匹だけだった。






2時過ぎまでがんばってみたが、釣れる気がしなかったので曙橋へ戻ることにした。

やっぱりヘラの顔を見て帰宅したいからね〜。










既にチーム手賀のみんなは帰っていて、中ちゃんが一人で竿を出していたわけだが、

イゾンのダンナさんの他にもう一名出来上がっている人が!w

巨ベラ師のAWさんも駆けつけていて竿は出さずに中ちゃんの釣りのギャラリーとなっていた。

中ちゃん曰く、「二人がうるさくて釣りにならないよぉ〜!」って(笑)





中ちゃんの左側に釣り座を構えて十五尺にて餌打ち再開。

すぐにマブがヒットするものの、ヘラは食ってこない。




右側の中ちゃんは何枚かヘラを釣り上げているというのに・・・・。




三人のやりとりが面白くてヘラは釣れなくても楽しませてもらえました♪

AWさんからも巨ベラ釣りの色々なお話を伺えて満足。









仲ちゃん達が帰られた後、いちばん右へ釣り座を移してヘラブナヒットへ持ち込もうと頑張ったが・・・











22〜23cmのマブ君が数匹釣れただけで終わってしまいました。





結局ヘラは釣れなかったけど、いろんな釣り仲間に会うことができて満足して帰路に就きました。





本日の釣果

マブナ x 4

コイ x 1

オオタナゴ x 1

タモロコ x 多数