2015年8月15日(土)


前日の夕方に茨城県南部に大雨洪水注意報が出ていたので、雨後のチャンス到来かと中沼へ出かけてきた。

朝5時43分に到着すると良さそうなポイントはほぼ埋まっていたが北岸に空きを発見!




隣の人に挨拶をしてから釣り座を構えた。


南東側の木の脇にはフィッシングライフさんが入っていて十八尺を振っていた。










閃光X 十九尺にて先ずは浅ダナ両ダンゴで釣り開始。


餌は Super D + BB-FLASH。

配合は袋の裏に書いてある浅ダナ用の通りで、Super D 3に対してBB-FLASH が1の割合。

狙ったタナは1.2mから始めて70cm位まで。




自分の釣り座から左へ数人のところには I さんが釣友の方と一緒に竿を出していた。

I さんは中沼では両ダンゴでの釣りにこだわりを持っていて、楽に釣れてしまう段差セットではなく、

敢えて食わすのが難しい両ダンゴで、色々と手を加えながら試行錯誤して釣果を伸ばしていく

ところで楽しんでおられるようだ。



いいですねー。 これは自分もぜひ実践してみたい。

でもとりあえず自分はまだ中沼では満足に釣れたことが無いので、ダンゴでもウドンセットでも、

特に決めないで釣れるやり方を選択して、一枚でも多くのヘラを釣りたいという段階だ。。












いままで水質良好だった中沼も遂にアオコが発生。

こちら側は風下になるので吹き寄せられてご覧のとおりに。







6時過ぎから3時間にも渡って十九尺浅ダナ両ダンゴを続けたが、

餌への反応はあるものの食いアタリとおぼしきウキの動きは全てカラツンで、

あれこれ手を加えてみたが一枚もヒットさせられず、

仕方なく角麩の段差セットにチェンジすることにした。

(次回の中沼釣行は両ダンゴでの数釣りに挑戦だ〜!)







向かい風がややきつくなってきたので、竿を嵐馬十七尺に変更。

マルキューの角麩「一発」をスタンバイ。

バラケはSETGUN + 底バラ + とろスイミー + 粒戦。

狙ったタナは約80cm。



準備をしているとフィッシングライフさんが様子見に現れた。

お互いノーフィッシュという厳しき状況を確認しあったような・・・(汗)



その直後、清遊湖へ行っていたせきろーさんから「中沼どうですか?」メールが入ったので、

「デコの危機が迫っています」と、この貧果を報告した。








9時36分、一枚目のヘラがきた。

腹話術の人形みたいな変な顔のヤツだったが、サイズは39cmとなかなかの大きさ。











次は形の整った40cm。











39cm。






中沼は人が多くて賑やかな釣り場だけど、大型ばかり釣れるところは気に入っている。





お昼近くになり、フィッシングライフさんは先にお帰りに。

バラケとグルテンのセットでやっていたそうでしたが、釣れなかったとの事。

他の釣り場だと餌が針に付いていて待っていれば、それを発見したヘラブナは食ってくるんだけど、

ここ中沼のヘラは特別で、柔らかいバラケを大量投入し続ける釣り方じゃないと

ヒットに持ち込めないので難しい釣り場です・・・。



フィッシングライフさんが釣り座を構えていた場所は、I さんが先日両ダンゴで16〜17枚釣ったと

言っておられたので、どのポイントでも要は狙い方次第のようです。







お昼ご飯に注文していたおにぎりを食べて、あと1時間半だけ午後1時になるまで

試しにやや短い竿で手前の方でも釣れるのかを試してみることにした。





角麩の段差セットはそのままで竿を煉十三尺にチェンジ。








38cmほどの良型を二枚追加したところで、急にサッパリ釣れなくなってしまった。




何が原因なのかわからず、しばらくの間バラケの柔らかさを調整してみたり、

連続投入のサイクルを早めてみたり色々やったが解決の糸口が見出せず・・・。




タナが下がったか?

試しにウキ下を現状の80cmから2mほどへ変えてみたらアタリ復活!

さあもうひと頑張り! と思ったらちょうど餌切れ。

時刻も午後1時を過ぎてしまっていたのでおしまいにすることに。






帰り際に I さんに挨拶してから中沼をあとにした。





帰り道、せきろーさん御兄弟と一緒に清遊湖でやっていた銀チェロさんからメールが入った。

なんと、せきろーさん100枚達成との事!?

すげーw

そこまでたくさん釣ると、翌日の筋肉痛は大丈夫かな?w








本日の釣果

ヘラブナ x 9