2015年7月20日(祝)


銀チェロさん、せきろーさんと霞ヶ浦の土浦ドックへ行ってきた。

以前に何度か竿を出したことのある西側の車が入っていける場所は常連さん達で混雑しそうだったので、

東側の中州のように草が生えている所の近くでやってみることにした。




朝5時半、現地に到着すると草の中洲から左に30mほど離れた所で銀チェロさんが竿を出していた。

なんで草のある方でやらないのかなと銀チェロさんに尋ねると、中洲付近で一人でやっていた常連さんから

ここの沈没船前が良く釣れるポイントだと教わったそうな。





銀チェロさんの右に釣り座を構えて5時52分餌打ち開始。


十九尺の宙狙いで沈没船近くに仕掛けを落とす銀チェロさんに対して、

自分は十三尺浅ダナマッシュをやってみることに。







少し遅れて到着した せきろーさんは自分の右隣に入り、十五尺両グルの浅ダナ狙いで釣りを開始。









浅ダナ狙いをしばらく続けたがジャミが引っ掛かるだけでなんにも良いところなし。





試しに底スレスレの宙狙いに変えてみるとアタリが出て手のひらサイズのマブ君がヒット。

しかしその後、ウキは動かなくなってしまった。



右の方を見ると草の前でやっている常連さんが二人に増えていて、

35cm前後の良型ヘラを何度も釣り上げているじゃないですか!!

あれれ? やっぱりこの辺りでよく釣れるポイントは草の前だけだったのかぁ〜?





時刻は午前7時半。

今から草の前ポイントへ移動しても時間はたっぷりあるな。



自分と せきろーさん、同じこと考えていたようで、ほぼ同時に草の前へと移動を開始。

銀チェロさんはもう少しで作ってあった餌がなくなるとの事で、もうしばらく沈没船前で続けてみるとの事。

お二人の常連さんに声を掛けて少し離れた右の方に せきろーさんと並んで釣り座を構えた。




草の前ポイントでは竿を十七尺に変えて浅ダナマッシュを打ち込んでいくと、

数投目でヘラらしき素早い魚を掛けたがスレだったようで外れてしまった。





せきろーさんと、

「銀チェロさん、もしかして早くも様子見モードに突入したりして〜!?w」

と冗談まじりに話をしていたらその銀チェロさん、なにやら竿を仕舞い始めているような・・・?(笑)

こちらへ移動するために道具を仕舞い込んでいるのかと思いきや・・・・・





え? 





ま、まさか本当に!?






様子見モード突入の新記録が出ました!(笑)

おいおい まだ7時50分ですぜ・・・・?(汗)





朝限定釣り師、今日も健在か?w








左には麦わら帽子をかぶった釣りキチ三平のような せきろーさん。

真ん中?  誰だっけ?(笑)   え〜っと・・・・・様子見の人w

(この画像は釣れなくて撤収を開始した9時12分に撮影)



そうなんです。 釣れているのは草の左端付近でやっているお二人だけで、

少し右の方にいる我々はブルーギルとタモロコしか釣れないんですよ(泣)

せきろーさんはアメナマも一匹釣り上げていましたが・・・・(泣)











というわけで、こんどは桜川の常磐線鉄橋脇へと移動してきました。


お一人だけヘラ釣りをやっている人が居るな〜って思ったら、

前回右隣で竿を出していた人で、南野津理士さんのHPでリンクされている大ぱぱさんでした。

(桜川界隈の貴重なお話を聞かせていただきまして、ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。)





せきろーさんは十五尺を選択。

右側の前回と同じ場所に釣り座を構えた自分も十五尺両グルの底釣りで釣り再開。








銀チェロさん、桜川では竿を出すのかと思ったらそれはあまーい!

一旦様子見モードに突入した彼を釣りに引き戻す為にはイレパクの爆釣状態を披露しても難しいのであ〜るw

今度は土手の上に停めた車の中から文字通りに高みの見物だあ〜!(笑)











前回は十三尺でヘラが釣れたので今度は十五尺を試してみた。





が、





左側のせきろーさんは尺クラスの本命を釣っていたけど、自分の所はサパーリ釣れにゃい。

それはもう、悲しくなるほどに。


竿を前回と同じ十三尺にしてみても、ジャミが針に引っ掛かるだけでフナ類はちっとも現れず。






12時半頃だったか、せきろーさんと話し合って昨日も行った中沼に再びチャレンジしてみようという事になり、

桜川をあとにして車二台前後に並んで中沼へと移動を開始。









午後2時3分、中沼北岸の土管右に二人で入って釣り再開。


せきろーさんは十九尺。

自分は十七尺を選択して、浅ダナ両ダンゴでせっせと連投開始。

水深約1mラインに的を絞ってマルキュー「ガッテン」単品にて勝負。





風は比較的強めに吹いていたが向かい風ではなかったので昨日よりは断然やり易い。




開始早々にせきろーさんヒット!

しかし自分の方は時々カラツンが出るだけでなかなか釣れない。

前々から思うんだけど、「ガッテン」ってどうも自分とは相性が悪いのか使い方が下手なのか、

一度も良い思いをしたことがない浅ダナ用ダンゴ餌なんだよなー。





それでも負けじと手水を加えて柔らかくしたり、針付けする大きさを変えてみたり、

しっかり付けたりラフ付けしてみたり、色々と試してみたんだけどちっともヒットさせられない。

自分でも「あれ? どうしちゃったんだろう?」って首を傾げたくなるほどに乗せられない。

その間、せきろーさんはポツリポツリと数枚の本命を釣り上げていた。






あれこれ手を尽くしたが今日はヘラブナに嫌われたようで、

午後6時まで頑張り続けたものの中沼では驚いたことに一枚も釣れないままに終了。

それはもう、本当に悲しいほどに・・・・。




この精神的ダメージはかなり大きく、帰り際にせきろーさんと話をする声にも力が入らず、

コテンパンにノックアウトされた状態で車に乗りこみ帰路に就きました。





前日に大型のヘラが釣れた代わりに今日のこの貧しい釣果。

バランスが取れていると言えばそれまでだが、小さくてもいいから一枚くらいはヘラブナを釣りたかったよ・・・・。








本日の釣果

マブナ x 3

ブルーギル x 2

タモロコ x 3