2015年7月19日(日)


週末が近づくと釣り仲間(TEAM手賀沼)の間で何処へ釣りに行こうかとメールのやりとりをしていて、

今回は せきろーさんが日曜日に中沼へ行くとの事だったので合流させてもらうことにした。



お盆休みに計画している西湖の岸釣りでは長竿浅ダナ両ダンゴが有効なので、

同じ釣り方が効果的な中沼なら、西湖での釣り方の練習が出来るので丁度良かった。





朝6時、中沼の北岸東寄りの土管脇で釣り開始。

せきろーさんとフィッシングライフさんが既に到着して餌打ちを開始していた。

20mほど右側には高須賀池で知り合った I さんも来られていた。




自分の為に せきろーさんが場所をキープしてくれていた。(ありがとうございました)


しかし、



え〜!? これで長竿振れるの??? って思うほどに強い向かい風が吹き荒れていた。









まあそれでも頑張って竿を振り下ろせばなんとかなるだろうって釣り始めることにした。




竿 SHIMANO 閃光X  十九尺。

道糸 SUNLINE 奏 1.5号。

ハリス TORAY 将鱗へらSUPER PRO PLUS 0.8号 40-50cm。

針 上下共 がまかつ アスカ 8号。

餌 マルキュー S-DESIGN YELLOW 。




狙ったタナはおよそ1m。




予想通りに強烈な向かい風の為、仕掛けが奥までなかなか飛んでいかない。

振り込み方をいろいろ試した結果、ビュンって力いっぱい素早く振り下ろすよりも、

ゆっくりと仕掛けを大きく空に向かって投げ上げるように振り出して、ラインにテンションを掛け続けながら

最後に腕を前へ押し出すように振り下ろすと奥いっぱいまで仕掛けが入るようになった。

これは二十一尺を購入した当時、上手に仕掛けが投入できず、試行錯誤して辿り着いた手法と同じだった。



40分ほど浅ダナ両ダンゴを続けていた頃、ふいに馴染んだ直後のウキがズボッと消し込んだが空振り。

やっと魚が寄ってきたかと思ったら、それからはカラツン地獄。

いや、ツンアタリじゃなくてズボッと消し込んで空振りなのでカラズボと言うのが正しいかもしれないな。









餌打ち開始からおよそ1時間後の午前7時1分、ついに待望の一枚目が釣れた♪

これが意外にも大きくてサイズを測ってみたところ44cmだった。

今年の5月に高滝湖で46.5cmを釣るまでの間、長いこと42cmの壁を越えられず

苦労していたというのに、中沼であっけなくこのサイズが釣れるとは・・・!











その後、35cm追釣。











次に釣れた39cmは伊藤若冲の描いた魚みたいな顔をしたヤツだった。





それにしてもアタリはよく出るんだけど空振りばかり。


カラツンの対処法として餌に手水を加えて柔らかくしたいところなんだけど、強烈な向かい風なので

下からそ〜っと仕掛けを送り込むことができず、上から振り下ろすには柔らかいダンゴだと

針から取れて飛んでいってしまう為、どうしても硬めの餌を使わなければならず、

両ダンゴではカラツン地獄から脱出できないので、ウドンセットを試してみることにした。





バラケはマルキュー S-DESIGN RED を使用し、上針は螺旋仕掛けの人がやるように

大量のバラケを投入すべく強靭エアロ17号を選択。

食わせは力玉ハード1/2カット。


中沼の常連さんがやる螺旋仕掛けのようにドボーンっと大きな音と共に

大針に付けたバラケをせっせと投入していった。




と、 ここで銀チェロさん登場。

寝坊してしまい出遅れたとの事で釣りはせずにいきなり様子見モードw

(差し入れの三ツ矢サイダーありがとうございました)











ふと気付くとエサボウルの中をコオイムシがせわしなく走り回っているのが目に入った。

捕まえて水に投げてやると泳いでいきました。

コイツは卵をびっしりと背負い、卵からウニューーーってのけ反るように幼虫が出てくるんだよなー。







大玉バラケの浅ダナウドンセットでは数回消し込みアタリが発生したものの、

予想に反してちっともフッキングしてくれず、11時過ぎまで頑張ってみたが次の一枚は得られず仕舞い。





銀チェロさんから近くにある浜屋というラーメン屋へ行こうと誘われたので、11時過ぎに早めに終了として

オススメのつけめんを食べに行ってきた。








本日の昼食 つけめん 750円也。

とても美味しかったけど、小食の自分には残さず食べるのが大変でした。






午後からは手賀川の曙橋近くにあるオイルフェンスのようなものが浮いているワンドで再び竿を出してみた。

銀チェロさんは様子見モード継続中で、ここでも竿を出すことは無かった。






後ろから銀チェロさんに撮ってもらいました。

暑さは相当なものだったけど正面から南風が強く吹いていたのでパラソルを使えば問題ないレベル。











十三尺両グルの底釣りで釣り再開。

水深は70cmくらいだったか。

水門の前なのでもっと深いかと期待したんだけど・・・。

もっと長い竿を使えば深いのかも?







しばらくの間、なんにも釣れず時間だけが過ぎていった。

銀チェロさんは釣り具屋で買い物があるそうでお帰りに。

結局一日どこでも竿を出さずに帰宅していった。

せっかく釣り場へと赴いているんだから釣りをしないと

往復のガソリン代がもったいないと思うんだけどなぁ。

(まあこの点は人それぞれですなー)









午後2時17分、やっとアタリが出て喜んだら手のひらに隠れてしまうサイズのチャンベラだった。











その後もかわいいサイズの小型へら君。

ここはチャンベラの幼稚園か!?











とか思っていたら、おとなのヘラブナも登場!(保母さん?)

サイズは30cmちょうど。













泣き尺サイズの半ベラ。











そして幼稚園児をまた釣ってしまう。











んん〜、へら・・・・・かな!?











25cmくらいのヘラ君。


大きいのは最後まで釣れなかったけど、午後からちょこっと竿を出して遊ぶにはいい場所のようでした。

午後の地合いは3時頃から始まるみたい。







本日の釣果

ヘラブナ x 6

マブナ x 3