2015年7月18日(土)


三連休の初日。 とりあえず滅多にヘラが釣れない手賀川で、その貴重な魚に出会おうかと、

一人で出かけてみた。


朝6時半。

手賀川の浅間橋に到着すると既に水門の所に2名に釣り人有り。

どこで竿を出そうかとあちこち走り回りながら釣り場に迷っていたら

あっという間に時間は過ぎていき、曙橋南側のワンド出口付近にある

水門のコンクリ護岸を釣り場に決定して餌を打ち始めた時には7時56分にもなってしまった。


南風が非常に強かったので竿が出せる場所が限られてしまい、

やってみたかった南部手賀川(手賀南新堀)の発作橋下流の新しい護岸は

風向き的に釣りは不可能だった。 (近いうちに竿を出してみるぞー♪)







さて曙橋ワンド。

十五尺で浅ダナマッシュの乱れ撃ちをやってみた。





水深は1.2mほど。

狙ったタナはその半分の60cm位。






ジャミにも負けず2時間ほどがんばってみたが、ぜ〜んぜんダメ・・・・。






仕方なく両グルの底釣りにチェンジしたら、









やっぱりマブちゃんのお出ましだw

サイズは24cm。



それにしても水底に敷かれているネットのせいで、根掛かりだらけの手賀川南岸で、

十五尺を使って一度も根掛かりしなかったのは初めてだ。

ここは冬から春にかけて狙うのにちょうどいいポイントだな〜。











あとは手のひらに隠れるほどの小さなマブ君が2匹。





続けても好転しそうにないので11時頃におしまいにしました。

とにかく風が強すぎて続けるのも大変だったから早めの終了で丁度良かったみたい。








本日の釣果

マブナ x 3