2015年6月7日(日)


かみさんの実家へ行って、色々と用事を終えて釣りに行けるようになったのは午後3時半。

ほんの少しでも近所で竿を出したいと思い、道仙田のいつもの場所、沖須橋脇を釣り座に選んだ。




午後4時9分、十尺両グルの底釣りで餌打ち開始。






30分ほどしてウキの真横でポツンと一つ泡付け発生。

その直後にアタリが出てアワセるとズシリと大きな何かがヒット。

残念ながらスレ掛かりだったようで5秒も経たないうちに仕掛けがぴょーんって空を舞った。

デカマブだったか? それとも良型のヘラだったのか?









その後はブルーギルに悩まされ続けて、終了時刻の5時半となり納竿。





水草が茂っているポイントなのでブルーギルの猛攻は仕方ないなー。

次回は水草の生えていない所を探して狙ってみるか。







本日の釣果

ブルーギル x 多数