2015年6月6日(土)


乗っ込みシーズンも完全に終わってしまい、どこで竿を出そうかと行き先に迷ってしまうようになり、

高滝湖へ再挑戦しようか、花見川で一日じっくりと大型を狙おうか、

土浦ドックや桜川で大漁を楽しむか、あれこれ迷った挙句に近場の手賀川で竿を出すこととなった。

やっぱり近場は楽でいい。




朝7時27分、曙橋から三つ目のワンドを釣り座に選んで十二尺バランスの底釣りで餌打ち開始。


ここに到着したときにバサーが一人居たので声をかけてみたところ、

つい今しがた35cmの良型が釣れたばかりとの事だった。

手賀川って意外とバスが繁殖していて釣れているみたいですねー。















餌打ち開始から1時間半経過して、やっと小マブちゃんGET♪

カワウに何度も襲われたようで体は怪我だらけ。





それにしてもウキが動かない。

この時期ここでの釣りはダメみたい。

この辺りは冬の釣り場か?









9時39分、腹パンのワタカが釣れてしまい、ヤル気を削がれて撤収開始。











手っ取り早くヘラブナとご対面したくて新木水路にやってきた。

ここのヘラは大きくないので柔らかい竿で狙いたいところなんだけど、

竿ケースには「煉」やら「嵐馬」などの腰の強い竿ばかり。











八尺両グルでのバランスの底釣りで餌打ち開始後15分ほどでマブ君ヒット。











30cmちょうどのヘラに出会えて、とりあえず満足。











なんだか管釣りで釣れるような形とサイズだなここのヘラは。











アタリが出だすと連続して釣れてくる。 サイズはみんな一緒。













ヘラが居るのがわかっていて釣れるこの感覚は管理釣り場のようだ。

これが広々としてポイントの定まらない印旛新川での釣果だとしたら、喜びは桁違いなんだけどなぁ。






新木水路での釣りにあっという間に飽きてしまって場所移動を考えた。










2時11分、嵐馬十九尺をポッキリやらかしてしまった手賀川の浅間橋下流南岸送電線下にて釣り再開。








十尺両グルで狙ってみたものの、ウキはちっとも動かない。






午後4時過ぎまで続けてみたものの、小マブちゃんが一匹釣れただけ。









風波が下流方向から押し寄せてきていて、アタリは取りにくいけど釣れそうな状況だったんだけどなぁー。










本日の釣果

ヘラブナ x 4

マブナ x 5

ワタカ x 1