2015年6月20日(土)


臨時出勤だった土曜日。

会社帰りに座生川に立ち寄ってナイターに挑戦してみた。



「高須賀池はどーした?」って声が聞こえてきそうですが、あの釣り場はあまりにも釣れないので

ちょっとヤル気が無くなってきちゃいましてねぇ(汗)

乗っ込みシーズン中はアホのように連日竿を出していましたが、今は釣れる確立が落ちているもんで・・・。






午後6時半、いつものジャカゴポイントで釣り開始。

常連さん達は夕方まではやらないようで誰もいませんでした。

でも足元の水中を見るとグルテンが落ちていたので竿を出していたのは確かなようです。



水深は前回竿を出した時よりも1mほど上昇していた。

目の前ではボラが飛び跳ねまくり。









十三尺両グルでのバランスの底釣り。

やや流れがあってグルテンが引きずられてしまったのでハリスにガン玉を装着。

餌は自分の中では定番のアレです。(新べらグルテン底)



巨ベラも釣れているという座生川なのでタックルは強気のセットです。



竿 「煉」十三尺

道糸2.5号、ハリス フロロカーボン1.75号

針 強靭エアロ13号






数投目でウキが動き始めて15cmほどの小マブちゃんが2匹上がった。

大きな針でも小マブは釣れてしまうんだなぁー。







ボラが楽しそうに連続ジャンプ。

しかしあまりにも飛び跳ね過ぎなので、やかましいなぁ〜って思っていたその時、

三連続ジャンプし終えて、もう一回飛ぼうと水面へと勢いよく向かっていたボラが

テイクオフ寸前に浮かんでいた竹の棒に「ゴッ!」という異音とともに激突!!



その後、辺りはシ〜ンと静まり返ってしまい、思わず「プッ・・・」って笑ってしまったw












午後7時半にようやく24cmのマブ君。










暗くなって電気ウキにチェンジ。

対岸のライトは少年サッカーチームが練習しているグランドの照明。





また一匹、24cmのマブが釣れた後、








ちょっぴりサイズアップの26cmのマブ君が釣れたところで餌切れとなりおしまいにした。




この場所、ナイターではマブの数釣りが楽しめるみたいです。

針を普通のサイズにしてグルテンに「さなぎ粉」とか「冬」を混ぜたらジャンジャン釣れそうですねー。

そしてマブに混じっていきなり大型ヘラが食ってくる可能性もあるかな?



座生川、また挑戦してみます。







本日の釣果

マブナ x 5