2015年6月13日(土)


ジビさんと一緒にヤマメ、ニジマスなどの渓流魚を狙って利根川の上流部へ行ってきた。

午前3時に自宅まで迎えに来てもらってフリードの助手席に乗り込み出発。

関越自動車道の渋川・伊香保インターを下りて、おおよそ釣り場到着は5時半頃だったか。




釣りを始める前に川面を眺めながら一服するジビさん。

後ろに見える橋は関越自動車道。









7.8ftのトラウトロッドで先ずはスプーンから開始。











赤城山のよく見える釣り場でした。








スプーン、スピナー、ミノーとルアーチェンジしながら、あちこちポイントを攻め続けたが無反応・・・・。











一旦車に乗って数キロほど上流部へ移動して対岸の岩場の際目掛けてスプーンを

キャストし続けるものの、ここでも生命反応ゼロ。






気温も30℃を超えて、暑くてウェーダー履いていられず10時ちょい過ぎにギブアップ。

腰近くまで川の中に立ちこんで狙えるポイントなら水に浸かって涼しいかもしれないけど、

深淵となっている急深なポイントでは立ちこむことが出来ずに暑くて参った。





帰りは一般道をのんびりと走り、埼玉県行田市付近にある利根大堰を下見して、

野田市まで戻ってきてからは座生川でちょこっとブラックバスを狙ってルアーを投げてみたり。

一日を通してノーバイトノーフィッシュで終わってしまいましたけどねw













あまり書くことの無い釣行だったので、少し余談を。

手賀川で採集した稚魚がその後どうなったかと言うと・・・・・










玄関脇に置いてあるメダカ飼育用の容器に移し替えて、皆すくすくと成長しております。











中には鉢植えの水草や藻などを入れてあるので、エアーポンプなどで酸素補給する必要はありません。






まだみんなちっちゃいんですが、一匹だけ異様に成長スピードが早いヤツがいました。

かみさんが捕まえて透明なアクリル容器に入れて持ってきたので観察してみると・・・・










体長2cmほどなんですが、既にもうフナっぽいんですけど!(笑)



体のサイズに比べて目が大きすぎてなんだか妖怪っぽいですなぁ。

あまり体高がないところを見るにマブナ君かな!?

それともこれからニョキニョキと背中が高くなってヘラブナになるのか?







ちなみに泳層は主に底付近。

やっぱマブかもw






他の仲間たちと比べて倍以上の大きさに成長しているところをみるに、

巨マブへと成長するDNAを有しているのかもしれないな。















正面顔はカワイイですw







しばらく写真撮影に協力してもらってから、元の玄関脇の棲家へと戻してやりました。

体長が4cm位になったら家の中にあるマブちゃん3匹を飼っている60cm水槽へ移そうかと。








本日の釣果

おでこニョ〜ン