2015年5月6日(祝)


「黄金週の5連休のすべて釣りに出かけていいよ」と、かみさんから言われていたので

気ままに思いの向くままに釣り三昧な日々を送っていたが、さすがに高滝湖まで出かけたのに

巨ベラをGETすることなく帰りの渋滞にも嵌り、5日の夜に心身共に疲れて帰宅して、

「明日も釣りに行こうかと思うけど、もう大物は狙わないで近所でのんびりやろうかと思うよ」と、

かみさんに話すと、「そんなことでいいの?」と逆に巨べらへの夢を諦めるなと厳しいお言葉が!(笑)



それを聞いて気合を入れなおしてセットした目覚まし時計の時刻は午前3時。(笑)






というわけで、やってきたのは道仙田。

釣り場到着は午前4時57分。








前回同様に県道の橋の際で南向きで竿を出した。


なんと驚いたことにハタキ有り♪

水連の上や岸の葦際でヘラブナがバシャバシャやっています。



竿 朱紋峰「嵐馬」 十一尺

道糸 SUNLINE 奏 2.5号

ハリス SUNLINE トルネード Vハード 1.75号 (フロロカーボン)

針 鬼掛 強靭エアロ 13号

餌 「新べらグルテン底」単品

水深1.4m グルテン一本針のバランスの底釣り。




一投目、フワッとウキが沈み込んだが空振り。

二投目、カチッと入ってアワセると37cmほどのヘラブナがヒットしたが残念ながらフックオフ。

なんだか魚影は濃いようで毎投アタリ発生。










先ずは25cmほどのマブちゃんヒット。





葦際の方がハタキの回数が多いように感じられ、場所選択ミスか?と思って

橋を渡って左側の岸よりへ移動しようかと迷ったが、自分の竿を出している真ん中付近の

水連の上でも目測で40は軽く超えているサイズのヘラが叩くのが見えたので、

「いやいや間違っていない! ここで続けていいんだ!」と自分に言い聞かせて焦る気持ちを静めた。








次に32cmのマブ。

ここのマブ君、引きが強くてよく走るのでヘラかと思ってドキドキする。











7時頃、三匹目の34cmのマブ君。

このまま前回のようにマブ祭りで終わってしまうのか〜?






その後、小さなブルーギルの群れ襲来でどうにもならなくなったので移動することにした。

ここ道仙田は夕方から夜にかけてまた挑戦してみたい釣り場だな。













移動してきたのは手賀川の浅間橋下流南岸の送電線真下。

10時頃より十尺にて釣り再開。



謎のカラツンに悩まされながら1時間ほど経過した頃、

姉からメールが入り、急用ができてしまったので終了となった。





予想はしていたが結局この連休すべて釣りをしてしまったなぁーw

今年の乗っ込みシーズン終了か。 寂しいなぁ。

前半の亀成川で釣った41cmを超えることなく終わってしまったのは何だか情けない・・・。

これだけあちこちで努力を重ねているというのにねぇ。






本日の釣果

マブナ x 3