2015年5月4日(祝)


前日に少し出遅れて西印旛沼のポイントに入れなくて悔しい思いをしたので、

気合入れて夜中に起きてスカイラインをかっ飛ばして午前3時過ぎに現地入り。


思ったとおり釣り場一番乗りだったわけだが、ハタキの音なんて皆無で、

ただチュバチュバとコイが産み付けられた卵を食べる音が響き渡るのみ。




これでは竿を出してもマブとコイが釣れるだけだな・・・。







というわけで神埼川にまたしてもやってきてしまったw



準備をしているとフィッシングライフさんが到着。

自分の左隣で釣りを開始。




朝一から竿を出すとはりきっていた銀チェロさんは前夜の同窓会が朝まで続いてしまったそうで

釣りに来ることはできずに自宅で爆睡の様子。






神埼川、2回くらいハタキのような音が聞こえたこともあったが、

基本的に静まり返っていて祭りの後の寂しさといった気配が感じられた。


よってウキは動くことも無く、時間だけが過ぎていく。





フィッシングライフさんにカミツキガメがヒット!

甲羅の全長が35cmくらいある大型。





その後、ノーピク地獄に堪えられなくなり、移動することに。









亀成川へとやってきた。

こちらはまだハタキが行われていて、なんとなく釣れそうな気配が濃厚!



十尺で葦際への斜め打ちにて釣り再開。












唯一釣れたのは小マブちゃん一匹のみ。


ウキの近くでハタキがあるものの、ちっともアタリは出ず。






そう言えば昨日に清遊湖で行われた一寸法師の例会に参加したS山さんはどうだったかな?って、

気になったのでメールを送ったついでに手賀川へ移動する旨を伝えたら、

一緒にやりましょうということになり、浅間橋下流南岸へと移動。









後ろからの強風が吹き荒れていたが背後の土手に遮られて一応問題なさそう。



自分七尺、S山さん八尺にて餌打ち開始。











12時頃に37cmのヘラが釣れた。




S山さんもヘラを一枚釣り上げた。




その後はジャミアタリが出てきてしまい、ヘラっぽいウキの動きは見られなくなってしまった。









コブハクチョウが餌を打っている辺りに来て水底を漁り始めた。

こうなると釣りどころじゃないねw





午後3時頃だったか、

少し風が冷たくなってきたので着る物を取り出して袖を通していたときに

スパッっとウキが消し込んで、ワンテンポ遅れてアワセを入れたが、

数秒後にハリス切れにて終わってしまった。

それにしても釣り人の意識が逸れた瞬間をよくもまあ毎回狙ってくるもんだ。











東南アジアから遥々海を越えて渡ってきたムナグロが頭上を飛び回っていた。





近頃スランプって感じになってきたなぁ。






本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 3