2015年5月27日(水)


前日に続いて高須賀池に立ち寄ってナイターをやってきた。

釣り座はいつも同じく北西岸のワンド。

今日は東風がとても強く、向かい風となるこのポイントでは竿を出そうと思わないのが普通だけど、

自分は「向かい風のポイントは食いが立つ」という考えで釣りをやっているので、

強風に逆らうように気合で竿を振り下ろして仕掛けを投入することにした。




午後5時半より十三尺バランスの底釣りで餌打ち開始。

餌はもはや言うまでもなく定番となった「新べらグルテン底」単品。





餌打ち開始後まだ10分ほどしか経っていない午後5時41分、

いきなりカチッっと二目盛り鋭く入ってウキが止まった。



今まで何度も消し込みアタリにアワセを入れて空振りの連続だったので、

鋭く潜っていくウキが途中で止まったらアワセを入れようと決めていた。

ウキの動きを見ていた僅か0.3秒の間に、 「認知」→「判断」→「行動」 という流れを経て

竿を握っていた右手が持ち上がった。




が、





スカッと鮮やかに空振り!(笑)


やっぱりフェイクでしたw







6時10分頃、ウキの4mほど左横のワンド奥側で巨ベラらしき大きなもじり発生。








6時半頃だったか、ふいに声を掛けられたかと思えば振り向くと I さんだった。

乗っ込み時期に桑納川でお会いして以来だ。

ウキから目を離さないようにしながらも色々とお話をさせてもらいました。

I さん、このところ手賀沼に通われていたそうで、毎回本命GETとの事。

手賀川は不調ぎみのようだけど、沼の方では良く釣れているみたいです。





二人でウキを眺めていると、ふいにサワリが発生!

I さんが「あ、さわった!」と声をあげた次の瞬間、

ポコッとウキが入って、それに右手が反応すると竿が弧を描いた。







ヒットした魚は沖に走ったけど、それほど大きくないみたい!?









36cmの黒っぽいマブ君でした〜。





マブナは空振りせずちゃんとフッキングしてくれるんだよなー。





その後はまたウキは動かず。

7時頃になって I さんはお帰りに。

(冷たいドリンクのプレゼントありがとうございました)




ウキが見えづらくなってきたので双眼鏡をセット。




7時10分までがんばってみたものの、アタリが出ることはありませんでした。




やはり素直に食ってきてくれない高須賀池の巨ベラ。

なにか新たな手を打たないと好転しないのか?

それとも今までと同じ手法でも、運が良ければヒットに持ち込めるのか?



今後の狙い方、悩むところです。






本日の釣果

マブナ x 1