2015年5月19日(火)

日曜日の手賀川釣行の際にまたまた竿ポッキリをやらかしてしまい意気消沈して、

しばらく釣りはやらないでおとなしくしていようかとも思ったが、人間万事塞翁が馬。

もしかしたらこの災いの後に巨ベラGETなる幸運が訪れるのではないかと安易に捉えて、

会社帰りに高須賀池に寄って竿を出してきた。





午後5時45分、北西側ワンドの浅場に再び釣り座を構えて十三尺にて餌打ち開始。



今日の作戦はドボンの底釣り。

ドボン仕掛けだとウキより先の方へオモリが着底する為、アワセと同時に沖走りされると

竿を立てにくい難点があるので、アワセてすぐに竿が立てられるように、

仕掛けを振り込んで着水すると同時にじわじわと竿を引っ張って、

約60cmほど手前に仕掛けが着底するようにしてみた。

さらにここ高須賀池は流れがあるわけではないので、ハリスが弛んでアタリが表れにくくなるのを防ぐ為に、

ドボンオモリが着底してから15cmほど竿を引っ張って弛みをとるようにした。







餌を投入しておよそ10分経った午後5時55分。

いきなりの消し込みアタリ発生!

すぐさまアワセを入れたがいつものように空振り。

道糸に魚が触れたかな?





その10分後の6時5分、またしてもズボッとウキが消し込んだ。

今度は食いアタリだろうってアワセを入れたものの、やっぱりの空振り・・・・・・。





ドボンでも一回目のアタリはフェイクか?

ならば見送って二回目のアタリでアワセを入れてやるっ!





6時10分、またしても消し込み!






し、しまったー!





頭では二回目でと考えていたが、竿を握っていた右手が勝手に反応してついアワセちゃったw





だってさぁー、

ドボンの底釣りやってていきなりズボッってウキが消えたら普通誰だってアワセ入れるでしょ?(言い訳)










で、案の定空振り!(泣)










三度目の正直ならず・・・・。

こんなに空振りばかりだと今度から「空振り池」って呼んじゃうぞっ!(笑)






よし、次の消し込みではアワセを入れてしまわないように竿を握らずに、

いつでも握りをキャッチできる辺りで右手を待機させて二回目のアタリに勝負を賭けてやる!











と思ったらそれ以降アタリは出ることなく、プチナイター終了の午後6時50分となり終了とした。

もしかして、こちらの心を読まれているのか?w







なんだか毎回ここ高須賀池の巨ベラ(たぶん)にはおちょくられてるなぁー。

なんとかならんものかねぇ?

次の一手が思いつかんよ。







次回、またドボンの底釣りで消し込みアタリを見送った後に何が待っているのか検証してみるつもり。







本日の釣果

おでこニョ〜ン