2015年5月17日(日)


日曜日は法事があった為、遅い時間からの近場での釣りとなった。

午後3時15分、お気に入りの手賀川浅間橋下流南岸送電線下に釣り座を構えて開始した。




十尺にて両グルで餌を打っていくが全く反応が無い。


一回だけスレで小マブが上がってきたのを除くと見事なまでに何もヒットしない。





こりゃー長竿で水底に敷かれているネットの先を狙ってみた方がいいかな?




十七尺、十九尺、二十一尺と三本の嵐馬を眺めながらどれにしようか迷った。

十七は間違いなくネットの餌食。

十九はもしかしたら回避できて根掛かり無しでやれるかな?

二十一を出せば間違いなく根掛かりは無いだろう。





ギリギリセーフかなー?っていう十九尺を使ってみることにした。





第一投目。





予測は悪い方へ外れてしまい、がっちりと根掛かり。






ハリスは上下共に1号。






もしかしたら草かなにかで外れやしないだろうかと竿をしならせてみたところ、
























ぱーん!!






















あらいゃだ!  らんま1/2 ・・・・(泣)



ダメだなぁー。

根掛かりしたら煽らないで真っ直ぐ引っ張らないと・・・・・。

あとで手で道糸を引っ張ったらハリスは2本とも切れたので、合わせて2号の強度となっていた模様。



確か中古で48,000円したんだよな〜この竿。(定価は95,000円)

折れたのは手元の一本目。

仕方ない、シマノに注文するか。

「煉」に取って代わって販売終了モデルとなったけど、まだ在庫はあるかもしれないな。

おそるおそるシマノのHPにあるパーツ価格表でチェックしてみたところ・・・・・


げげっ!?  39,000円もするよ(泣)

より頑丈な「剛舟」の十九尺の新品を買った方が断然安いじゃないか。

それに49,000円で買った竿を直すのに39,000円また払うなんて辛すぎるよなー。




とにかく意気消沈してヤル気ゼロとなってしまい、釣り道具を片付けて帰宅しました。








大物がヒットして折れたのならわかるけど、自分の不注意で折れてしまうというのはダメージでかいですなぁ。










本日の釣果

おでこニョ〜ン