2015年5月11日(月)


前日、高滝湖での釣りの最後に大物をバラシてしまったことが悔しくて、

すぐにでもまた大物に挑みたくなったので会社帰りに高須賀池に寄って竿を出してきた。




午後5時半頃、風車脇の流れ込みに釣り座を構えて九尺にて餌打ち開始。




開始直後、左斜め前方約10m地点で推定47cmというサイズのヘラがジャンプした。

ムキューーー!!  あれだよ、あれ!

自分の竿に掛かってきて欲しいのは!!(笑)





魚はもう少し沖目かな?って思って竿を九尺から十三尺に変更。







しばらくしたら南東風が強まってきた。

この風車前はどちらかと言うと風上側となるので水面は穏やかなまま。

ふと北西側のワンドを見てみると、向かい風となるけど水面がザワザワと波立っていて

こちら側と比べると釣れそうな雰囲気濃厚!



そちらへ場所を移動しようかと暫く迷ったが、片付けて移動するのが面倒くさいのと、

とりあえず久々に風車脇で暗くなるまでやってみたいと思っていたので、そのまま続けることにした。










やがて暗くなってきた。

ナイターは北岸に2名。

魚をヒットさせた様子は無し。






いつまで経ってもノーピク状態。








午後7時15分、いきなりミライトの灯かりが水中に消えた。

うっかり竿から手を離していた時だったので、大慌てで竿を掴もうとしたら指先で弾いてしまい、

万力から釣り台にガタンって竿尻が落っこちた。

ウキを見るとまだ水中に潜ったまま。

まだ間に合うか!? って竿を持ち上げたけど時既に遅し・・・・。



釣り台が使い慣れたスーパー銀閣ではなく、今回は銀閣スリムを使用していた為、

万力がいつもと違う位置になっていたせいか、慌てて竿を掴もうと手を移動させた時に

ちゃんと握れず弾いてしまったわけだな。




もしアワセのタイミングに間に合っていたとしたら・・・?

まあここの巨ベラはアタリがあってもアワセて乗る確立が異常に低いので何とも言えなかったかなー。











その後、8時まで続けたがアタリはその一回のみだった。

普通の魚だったらその後もサワリやアタリが出るものだが、その後は無反応ということは、

警戒心の強い巨ベラだった可能性が高いかな?





相変わらず難しい釣り場だこと!w








本日の釣果

おでこニョ〜ン