2015年5月10日(日)


銀チェロさんから高滝湖へ行こうとのお誘い有り。

もう乗っ込みも終わってるし、やってみても釣れないだろ〜って思っていたが、

ハタキ後でもしぶとく頑張ってみれば巨ベラがヒットするんじゃないかと発想の転換をして、

日曜の未明に自宅を出発して出かけてきた。


昨年の冬、海釣りの帰りに一緒に高滝湖を下見していたジビさんにも声をかけて、

うちのトレジアで二人で行くこととなった。


午前3時に自宅を出発して、1時間半後の4時半頃に現地に到着。

西印旛沼〜花見川と下見して回っていた せきろーさん御兄弟も加わり、

早朝に高滝湖畔で銀チェロさん、せきろーさん御兄弟、ジビさん、自分、と5人集結となった。





先週、快調に巨ベラをヒットさせてはバラシまくっていた常連さんが入っていた浮き草左脇が

空いていたので釣り座を構えて十三尺にて餌打ちを開始した。

水深は約1本。











左側の給水塔方面にせきろーさん御兄弟と銀チェロさんが入り、











ジビさんは浮き草を挟んで自分の右隣。





開始早々に何かヒットしたかと思えば・・・・・









30cm位のニゴイ。

この魚はやたらと水面でビタビタと暴れるだけで釣り味がおもしろくないですなぁ。



連続でジビさんもニゴイを釣っていた。 サイズは40cmとの事。











ふと左側を見ると、せきろーさん御兄弟が仲良く湖面を眺めながら朝食をとっていた。

いつも感じるんだけどこのお二人、自分のように菓子パンをチョボチョボ齧りながらウキを眺めるのではなく、

一旦釣り座から離れてコンビニ弁当などの朝食をしっかりと食べている。

食事というものを大事にしているな〜っていつも感心してしまう。






浮き草脇で十三尺で続けてみたもののアタリがもらえないので、

八尺にチェンジして気になる泡付けが出ている手前の浮き草際に餌を落としてみたりしたものの、

やっぱり何も反応無しで時間だけがダラダラと過ぎていった。






入漁料徴収の漁協の人が現れたので、最近釣れている場所を尋ねてみたところ、

右奥のワンドが良いとの事だったので、その近辺にいたバサーが居なくなるのを見計らって、

ジビさんと共に移動することにした。










給水塔脇ポイントから荷物を担いで小移動してきた。


ジビさんの左側に釣り座を構えて餌打ち再開。

水深はさっきの場所よりも少々深かった。

銀チェロさん、せきろーさんたちは給水塔際の深場へ移動していた。

全員ポイントチェンジで第二ラウンドスタートといった具合だ。














十三尺で仕掛けを放り込むと、何やらここは底に木の枝が大量に沈んでいるようで毎投根掛かり発生。

仕方なく底釣りを諦めて30cmほど切った宙狙いに変更。












ちなみに十三尺は前日道仙田からの帰りに立ち寄った釣り具屋で購入した朱紋峰「煉」。

この長さで95gという重たい竿だけど、「煉」は比較的頑丈な造りなので気に入っている。

そのうち十五尺も買うつもり。











正面からの北風が強まってきてアタリは解りにくいし、仕掛けは入れにくいしで、

隣のジビさんは撤退して、元の浮き草脇へと移動していった。




自分は逆にこの風による波が釣果に繋がると捉えて移動せず続行。

しかし宙でやっているのでウキが手前に流されてしまい、カケアガリにある堆積物に引っ掛かってしまう。







少し左の方にある黒いプラ製パレットに乗って仕掛けを放り込むと根掛かりから開放された。

しかも一投目から力強いアタリが発生!

見事に空振りしてしまったが、どうやらこれはジャミのものではないみたい。










数投目で体高バッチリの本命ヘラブナがヒット♪

しかしサイズは尺ちょいとイマイチ。












続けてスマート体型だけど40cm近い大きな半ベラがきた。






これだけ魚っ気があればジビさんに再びこっちへ来てもらおうと声をかけて、

自分の左側に入ってもらって一緒に釣ることにした。






しばらくすると、何やら引きの強い大物ヒット♪







水面に顔を現した魚を見てビックリ!

やたらと幅広で肉厚な巨ベラじゃないですか!!






玉網に無事収まって、「おっしゃーーー念願の巨ベラGETぉぉぉーーー♪」と大喜び!









しかし魚をよく見たら・・・・・・・あれっ?












見事な体高だけど寸詰まり!?  全長は39cmしかありません。

ちょうど通りかかった漁協の人曰く、この体型のが高滝ベラって言われているそうな。








記録更新サイズではなかったけど、いままでにこんなに体高のあるヘラは釣ったことがないので

嬉しくてつい記念写真撮っちゃいましたw

(ジビさん撮影ありがとうございました〜♪)











その後、33cmの高滝ベラ再び。













同じくらいの大きさのヘラがもう一枚。

この魚、釣れた時は半ベラかと思ったが、この口、顔、お腹の膨らんだ具合をみるに

体高の無いタイプのヘラのようですね。






左側のジビさんはオイカワの猛攻を受けてフナ類が釣れていない様子。









ここは是非ジビさんにも高滝ベラを釣ってもらおうと釣り座を譲って、

自分は一つ右側の釣り座へ移動した。







右側の釣り座に移るとアタリがパッタリと無くなった。

元居た場所に入ったジビさんもアタリが無い様子。

地合い落ちってやつか?







しばらくするとまたジャミあたりが復活してしまった。






オイカワがスレで針に引っ掛かってきて・・・・・・・








ブルーギルも登場して・・・・・・








なんだなんだジャミアタリしか出ないな〜って思っていた時に悲劇は起こった・・・・。








スコッっと3目盛りほどウキが入ったので、元気なブルーギルちゃんだな〜って

テキトーに竿を握って持ち上げると、ゴンっとフッキングするや否や、

沖へ向かって超ヘビー級の強さで瞬間移動。




ぬぉぉぉぉぉーーーーーー!  竿が立たん!!!





やっちゃいました〜(笑)

今のひょっとして、高滝巨ベラってヤツだったかな〜(汗)





バラシのプロ健在ですw

ジビさんに言わせると、自分はバラシ神に憑依されているそうな!(笑)




オイカワが連続してギルも釣れちゃっている最中なので、

良いアタリが出てもどうせまたギルだろ〜って油断したのが敗因ですなぁ。

いつもはアワセ直後に左手でアシストできるような体勢でやっているんだけどね・・・・。









最後は上がりスゴモロコで本日の高滝遠征は終了〜w







撤収作業をしていると、






キターーーーー!!!









かわいい奴ら登場です♪


ガチョウさん、今日も合鴨たちと仲良く行動を共にしております。

余ったグルテンをみんなに食べてもらおうと投げ与えると、

合鴨の二人は貪欲に食っとりましたが、ガチョウさんは動きがトロくて

先に合鴨たちに食われてしまってなかなか食べられませんw


ならばと予め三つに分けておいたグルテンを時間差を入れて

合鴨たちを遠ざけるようにしながらガチョウさんの目の前に落としてやりますが、

ガチョウさんたら相当なトロさなもので、それでも合鴨たちにグルテンを奪われてしまいます。


それを見ていたジビさん曰く、

「ガチョウはダメ子だな〜」って(笑)




なんだかそのダメ子ぶりが余計にかわいいなぁ〜♪







というわけで、今回またしても自己記録更新はならず。

乗っ込み時期じゃなくても巨ベラがヒットすることが解ったので、

今年はここ高滝湖にも何回か通ってみようかな〜。







本日の釣果

ヘラブナ x 4

マブナ x 1

ブルーギル x 1

オイカワ x 多数

スゴモロコ x 1