2015年4月5日(日)


未明から気合を入れて稲荷川へと向かう予定だったんだけど、

無意識のうちに目覚まし時計は止められて爆睡してしまい、気が付くと朝6時半。

なんか一気にヤル気が無くなってしまい、かみさんとのんびりと朝食をとり、

水槽のマブナたちに餌をやり、毎日庭先にやってくるキジバトさんとスズメさんに

餌やりをしてから印旛新川へと向かった。






増水して濁ったら神埼川に突入して思いっきり産卵するぞーって思っているヘラ達が

神埼川近くのカーブ地点の深場でひっそりと待機しているんじゃないかと予想して、

水深2mのカーブ奥に釣り座を構えて十七尺でグルテンを打ち込んでみた。





早速ウキが動き始めて、「ほらやっぱりここに居たじゃん♪」とか喜んでいたら、











20cmほどのマブちゃんでしたw



次のアタリでも同サイズのマブちゃんだったので、こりはアカン!って撤収。

TEAM 手賀沼のみなさんは何処で竿を出しているんだろうかと思って尋ねようとしたら

携帯電話を自宅に置き忘れていることに気が付いた。




むっ!? これでは仲間からのハタキ情報も受信できないじゃないですかw

まあ今日は寒くてハタキは無いと思われますが・・・・・・・。








続いて神埼川の河口から200mくらいの東岸に移動してきた。


十七尺ハリスオモリの底釣りで餌の「わたグル」を投入。

「もう少し水温が上昇したらハタこうかなー」って思いながら、

しとしとと降り続く雨に触発されたヘラ達がウロウロしているんじゃないかという妄想にとりつかれて

しぶとく続けてみたが、ジャミらしきアタリが数回でただけで終わってしまった。



そう言えば神埼川って田植えの準備などで泥水が流入して濁らないとダメだったんだよなー。

以前にも一度思い至ったことなのに、もう忘れて神埼で竿を出してしまった自分って相当なバカか!?




こういう時は何処を狙うのが的確か?








いつでも濁っている手賀川へと移動してきました。


浅間橋下流南岸の送電線下。

十尺ハリスオモリの底釣りでグルテンを打ち込んでいきます。

かなりジャミがいるみたいでウキが動きっぱなしです。











非常に邪魔です!w











先ずは25cmくらいのマブ君が釣れた♪





次にヒットしたのもマブかと思ったら意外と強い引き!?










41cmの細長体型のヘラ君でした。

なんか、自分みたいで親近感を覚えたw











次は32cmのヘラ君。











最後は34cmの半ベラで、午後5時となり終了としました。





なんかパッとしない一日でしたが、夕方に大型が一枚釣れて満足でした。






本日の釣果

ヘラブナ x 2

マブナ x 4