2015年4月29日(祝)


田んぼの泥水流入で濁りの入った神埼川をじっくり攻めてみようと思って早朝から出かけてきた。

いつもノーピク当たり前で魚っ気の無い神埼川だけど、濁りが入れば

釣れるポイントに大変身するんじゃないかって期待して。




午前3時55分、ウキにミライト装着で八尺にて餌打ち開始。

餌は「新べらグルテン底」単品。




時々ウキが変な動きを見せてサワリかな〜って感じることがあったけど

アワセたくなるようなアタリはちっとも表れないまま時間が過ぎていく。









ああ、なにも釣れないまま明るくなってしまった・・・・・・。



真っ直ぐ正面に打ち込んでみたり、左側に生えている葦のギリギリ脇へ餌を落とし込んでみたり。

色々と試しながら粘り続けてみたけど時々アカミミガメが引っ掛かって途中でボチャンと落下するのみ。




最近、手賀川で52cmが出たとの話をふと思い出して、

そんな大型が居るなら自分が当面の目標としている尺半なら実はゴロゴロ居るんじゃないかと

思い始めたら手賀川へ移動したくなってきたので速攻で撤収。






手賀川へと向かうルート上にある亀成川をチェックしてみると、

なんとな〜く釣れそうな雰囲気で、僅かながらハタキもあったので、

午後から地合いとなる手賀川で竿を出す前に、亀成でちょっと遊んでみることにした。








今年最初のハタキがあった時期に大物をバラシた水神橋脇のポイントに釣り座を構えた。


竿は七尺。

道糸2.5号、ハリス2号、針は強靭エアロ13号。

餌は「尺上」に「藻べら」を混ぜたものを使用。

水深は45cmほど。




時々ウキの周囲を魚が通過する気配があり、サワリも出るけど食いアタリが表れない。

やがてジャミっぽいアタリが出始めて空振り続きになったので、

午前11時半頃に終了として早めに手賀川へと向かうことにした。









手賀川の曙橋〜水道橋間の南岸に釣り座を構えて釣り再開。




七尺にて浅場狙い。

どういうわけか流れがまったく無くて変な感じ。

そのせいか小マブどころかジャミもウキを動かさない。




早朝から活動を開始していたせいか睡魔に襲われてしまい、

時々瞼が閉じて下を向いて寝入ってしまうようになってきた。


魚に竿を持っていかれたら大変なので、一旦竿を上げてその場で椅子に座ったまま寝ることにした。




1時間近く熟睡してからふと目覚めると、左方向へと結構強めに逆流していた。

手賀川は逆流していると全然ダメなので、どこかへまた移動することに。





とりあえず西印旛沼の様子を見てみるか。

手賀川から大移動して西印旛沼のポイントに到着。

釣り人ゼロ・・・・。

先日銀チェロさん、さきろーさん達と竿を出した時よりもさらに水が澄んでいて、

とても釣れそうな雰囲気ではなかった。

水位も上昇していないし。




さて困った。w

鹿島川でやろうか、印旛新川本流でトライしてみようか色々考えた末、

結局は初志貫徹ということで巡り巡って再び神埼川。(笑)







午後4時45分、土管吐き出しの左隣に釣り座を構えて八尺にて本日の最終決戦スタート。

気が付けばここまでノーフィッシュ。

おでこニョ〜ンの気配がすぐそこに・・・・w



最初、七尺でやろうかと思ったが、この穴、あまりにも浅すぎて七尺を止めて八尺に。

七尺で仕掛けが届く範囲では水深が30cmほどしかない。

それでも土管から勢いよく田んぼの泥水が排出されているので底は全く見えない状態だった。





八尺で穴の出口に向けて仕掛けを振り込むと水深は40cmほど。





二投目くらいだったか、50cmほどの鯉ちゃんがヒットしたもののジャンプ一発されてフックオフ。






5時ちょっと過ぎた頃。

おもむろにカチッと一目盛りウキが入ったのでアワセを入れた瞬間、

正面に向かってヘビー級ってな具合のパワーでロケットダッシュ!?

まったく竿を立てる余裕を与えられずに2号のハリス切れでノックアウトされてしまった・・・・。








ムヒューーーー、何やってんだよもう!(泣)







こんなに浅いのに振り切りいっぱいに仕掛けを入れ込んでいるんだから、

いきなり沖走りされたら竿が立てられないの最初から読めていた筈じゃニャイかーーー!!

「ダメだこりゃ・・・。 少しは頭使えよピヨチチ!」

と読んでくださっている方に思われても仕方ないですな。 トホホ・・・・。




九尺か十尺を使って八尺振り切りいっぱいのラインに仕掛けを落として、

アワセを入れた時点で竿が立てられるようにするとか工夫しなきゃ巨ベラには勝てんな。













餌打ちを再開させてしばらくすると・・・・・、














邪悪な生物がヒットしてしもうた(汗)



またしてもカミツキガメかよw

しかもこいつ今までで最大の甲羅だけでも長さが尺半位というバケモノサイズ!

泣けることにハリスが丈夫な2号なのでなかなか切れない・・・・。

針を外そうにも首を伸ばしてカプカプと噛む仕草をしてきて恐ろしくて手が出せない。

2〜3分の間、どうしたもんかと棒で突っついたり色々やっていたらようやくハリスが切れてくれた。





気を取り直して餌打ち再開。

ちっともアタリが出ないのに午後9時近くまで粘ってしまった。



いくらがんばっても、やっていることが的を得ていないと徒労に終わってしまいますな。

まあカミツキガメで尺半は達成できたと言えるけど・・・・w



帰り際に神埼川吐き出し既設釣り台でやっている よっちさんと Tさんの様子を伺ってみると、

マブとかでヘラは出ていないとの事だった。



濁りが入ったとしても、釣れる日、釣れない日ははっきり分かれるみたいだなー。







本日の釣果

カミツキガメ x 1