2015年4月25日(土)


深夜1時半に起床。

支度を整えて目指すは高須賀池。

通勤の行き帰りだけ竿を出している釣り場だけど、大物が狙えるチャンスのこの時期だけは別。




午前2時半、現地到着。

風車脇の水路流れ込みに釣り座を構えて七尺で釣り開始。

昨日あれほど流入していた濁り水は何故だか消えてしまっていた。

代掻きをした田んぼは、ほんの一部分だけだったみたい?


それでも暗いうちは魚が岸辺を徘徊するだろうと信じて餌を打ち続けた。







2回ほどウキが動いたかな?

僅かなサワリ程度で、ちっともアワセを入れたくなるような動きではなかった。


明るくなってしまい、魚からこちらの姿が丸見えとなったので終了とした。

打っていた餌が底に残っているのも見えちゃっていたしなー。











桑納川へ移動してきた。



こっちの田んぼでは大々的に代掻きが行われているようで、水の濁り具合は最高!

釣り人も結構来ています。








北岸の小さな流れ込みに釣り座を構えて七尺で葦際狙い。





向かい側の足場が一段低くなった所には、昨年と同じ人が竿を出していた。

その人、去年は確か45cmを目の前で釣り上げたっけなー。



周りを見渡すと、短竿ヘチ狙いの人もいれば、十五尺くらいでど真ん中に餌を打つ人と狙い方は様々。










岸から50cm位で水深45cmほどの所でマブ数匹と60cm近いコイを釣ったものの、

一向にヘラは現れない。




対岸の昨年尺半を釣った人が40cmを超えるサイズを上げた。

サイズを測ることなくすぐにリリースしたところをみると、やはり狙いは尺半クラスのようだ。




南岸の足場が高くてやりにくい辺りで竿を出している人が好調で、

次々と目の前でヘラを釣り上げていく。

南岸は葦際でも沖目狙いでも釣れているが、北岸は自分の近辺では釣れていない様子。




どうやら桑納川、釣れる場所とそうでない場所がはっきり分かれているみたいだ。


暗くなってウキが見えなくなるまで続けたがダメだった。

やっぱり深夜から長時間活動していたので帰る頃には体がヘロヘロに疲れていました。







本日の釣果

マブナ x 4

コイ x 1