2015年3月29日(日)


前日の夜、大津川でハタキが始まるのを発見していたので、普通なら大津川に行って

短竿でヘチ狙いをするところなんだけど、どうもやっぱり自分は大型が釣れる可能性の高い

釣り場で竿を出したい願望があるので、朝3時起床4時出発にて神埼川を目指した。


暗い中、神埼川に到着すると二名の釣り師が準備中だった。

自分もライトを照らしながら何処で竿を出そうかと岸際を散策。



まだ明るくなる前の静まり返った水面をよく観察してみたが、

ハタキどころか、もじりも無く、生命反応が乏しい川だった。





それでももしかしたら大型ヘラが岸よりのカケアガリを通過していくんじゃないかと期待して、

九尺バランスの底釣りにて暗いうちから餌打ちを開始した。



明るくなって足元をよく見ると結構水が澄んでいて、釣れそうとは言えない雰囲気だった。

ここ神埼川は雨が降るか田植えの準備で田んぼに水を引いて代かきをしないと

泥水が川へ流入して濁ることはない。

水の澄んだ状態で何時間もアタリを待ってみても無駄なような気がする。









というわけで桑納川へと移動してきた。

桑納川も先程同様に水が澄んでいるけど、神埼川ほどウキが動かないことは無く、

マブやコイに混じってヘラも釣れてくることが多いので、

午前中のうちだけでもここでヘラの回遊を待ってみようかと竿を出してみた。



十三尺ハリスオモリの底釣り。

餌打ち開始後10分くらいしたらフィッシングライフさんから亀成川で
ハタキがあるとのメールが入った。





即、移動開始!(笑)








到着すると昨年竿を出していたポイントは空いていたが、ハタキを確認しながら

最も釣れそうな場所を捜し歩いて、下から4番目の橋の際に釣り座を構えた。



竿は「剛舟」七尺。

水深45cm。

道糸2.5号、ハリス1.5号。

針は強靭エアロ17号。

餌は「粉末マッシュ 至高の時」単品。



欲しいのは40上。しかも記録更新サイズの42cm以上。

ということで、500円玉大に餌つけして一本針でマッシュを打ち込んでいった。





ハタキはそこかしこでバシャバシャと盛大に行われていて、

魚のサイズもGood!










先ず最初にヒットしたのは36cm。











40cm。















40cm。





ひっきりなしにアタリが出るが、スレばかりでなかなか口にかからない。

それでも食ってくるときはちゃんっと口にかかってくるので食い気はあるようだ。




餌は途中から「新べらグルテン底」とマッシュを半々ブレンドしたものに変えてみたりしたが、

マッシュ単品の時の方が、ヒット率は高かったみたいだった。



針の大きさも強靭エアロ17号、15号、13号、そしてギガボトム9号とか色々試したけど、

ヒット率に違いは感じられなかった。









38cm。










37cm。









コイフナ 47cm。









41cm。





お昼になった時点で、36cm x 2枚、37cm x 1枚、39cm x 2枚、40cm x 2枚、41cm x 1枚。

なかなか記録更新サイズが食ってこない。









38cm。





午後から銀チェロさんが様子見に現れた。

こんなに好条件で大型ヘラが釣れているというのに竿を出さずに見ているだけというのはなんでかな?(笑)





メールでこの状況を知らせておいた、よっちさんが到着。

左側に入って一緒に竿を並べた。





午後からは、40cm、38cm、36cm、37cm。





4時10分頃にこれまでと全然レベルの違う大物がヒットしたものの、

あちこち走って最後は1.5号ハリス切れで終わった・・・・。

推定サイズは43cm〜45cmといった感じ。




そのあと、くやしさが波のように何度も襲ってくる(泣)







雨が降ってきてパラソル差して続行。










午後5時40分頃、餌がなくなり最後の一投で本日最小の33cm。








というわけで亀成川のハタキ祭り一回目終了!

二回目は10日から2週間くらい後かな〜?


次回のハタキが楽しみです!






本日の釣果

ヘラブナ x 13

マブナ x 1

コイフナ x 1

コイ x 1