2015年3月28日(土)


手賀川の水位が上昇し始めたのでジビさんを誘って行ってきた。

水道橋下流南岸。 昔、じいさんポイントと呼んでよく通っていた場所に入った。




早朝からウェーダー履いて藻刈鎌で葦を刈り込んで釣り場を二人分作った。

刈り込み作業を終えた頃にフィッシングライフさんが通りかかり、

浅間橋方面でやってみるとの事で出かけていった。



朝6時頃、九尺バランスの底にて釣り開始。

餌は「粉末マッシュ 至高の時」+「藻べら」+「わたグル」。









手賀川のこの辺りに穴を作って竿を出すのは何だかかなり久しぶりのような気がする。




しばらくして左隣にジビさんが到着して九尺で釣り開始。

自分は九尺、十一尺、八尺とアタリが無いものだからあれこれ探ってみた。




背後の土手に犬を2匹連れた人が現れたかと思えば、マーちゃんだった。

犬を車に乗せて手賀川へお散歩しに来たようだ。

情報収集も兼ねて(笑)



この場所、ぜ〜んぜん釣れず・・・・(泣)

マブが一匹釣れただけでヘラの気配が感じられない。

ジビさんもアタリなしの様子。

こんなにも釣れない状況だけど入ってきたメールによると、

浅間橋方面でやっているフィッシングライフさんは良型ヘラを釣り上げている。

竿は十尺との事。

同じような釣り方をしていても、魚が居るかいないか、場所って大事なんだなー。




第二機場でやっていた銀チェロさんが釣りをおしまいにして様子見に現れた。

しばらくおしゃべりをしながらヘラの釣れる瞬間を待っていたようだったが、

用事があるとの事で先にお帰りに。





やがて午後から用事のあるジビさんは11時半に終了してお帰りに。

自分もその時点で終了として浅間橋方面へと移動することにした。









浅間橋下流北岸の前回入った場所に釣り座を構えて釣り再開。




水位がだいぶ上昇しているので、前回足場となっていた部分は完全に水没していた。

スノコが落ちていたので荷物置き場として丁度良く利用できた。



八尺バランスの底にて餌打ち再開。





しばらくノーアタリが続いたが、やがてウキに変化が出始めた。










32cmのヘラが釣れた♪













もうちょっと小さめのヘラ。











結構楽しめる程度にヘラが釣れ続くが大型がいつまで経っても釣れてこない。












夕方になり、35cmのヘラが出たけど、自分は巨ベラ師なので、

(正確に言うと、巨ベラを釣りたがっているヘラ師)

正直なところいまいち満足できない。

少々贅沢かもしれないけど、せっかく普段お目にかかれないような大型が岸寄りに現れる

乗っ込みシーズンなわけだから、やっぱり40cm以上のヘラを釣り上げたいよなー。









最後まで大物はヒットせず、32cm前後のヘラばっかり。








場所を移して大津川。

ヒドリ橋下流西岸に釣り座を構えて十一尺にてナイター開始。




20cmくらいのマブのお散歩コースにちょうど仕掛けが入ってしまったみたいで次々と釣れ続く。






と、




暗闇の中、ハタキの音が聞こえ始めてきた。

今年初めて聞くハタキ。

ここ大津川は手賀沼水系のなかでも他より水温が高いようで去年も最初のハタキはここだった。









七尺に変更して葦際狙いを続けたら35cmのヘラがヒット。




う〜ん、ここも大物は居ないのか?

まあ、たまたま釣れたサイズがこんなだっただけで、

ハタキのヘラ達には尺半とかも混じっている筈。





大きいヘラを釣りたいなー。

まだまだがんばりが足りないのかな。




本日の釣果

ヘラブナ x 14

マブナ x 多数