2015年3月22日(日)


午前中は親戚がお線香あげに来てくれたり、お墓参りに行ったりしたので午後からの釣行です。

一発大物勝負で桑納川へ行ってナイターまでとことん攻めてみるかとも思いましたが、

昨夜の青山落しでのアタリラッシュが忘れられず、手賀川でやってから青山落しナイターという

前日と全く同じ行動パターンをとることにした。



手賀川へ向かう途中、大津川でやっている銀チェロさんの様子を見ようと立ち寄ってみると、

ちょうど道具を片付けて車に乗りこむところだった。

釣果は激渋のノーピクだったそうな。

大津川は水が澄んでいたようなので、ナイターなら良型ヘラの釣れる可能性有りかな?






手賀川の水道橋下流南岸に釣り座を構えて八尺で浅場狙いをやってみた。


あとから到着した銀チェロさんは勿論様子見モードですw

黒のサンバイザー、黒のサングラス、そしてマスク・・・。

「この状態でコンビニに入ったら即、警報をならされそうだね!」ってw











まだ水位も上昇していないのに八尺で葦際狙いとは、ちと気が早かったか?



ウキ止めゴムからオモリまで10cm切っていて、ハリス長さが40cmほどなので、

狙うタナ約50cmでの底釣りです。

餌は「新べらグルテン底」単品。





ぜ〜んぜんアタリが出ませんw





ふと後ろから声をかけられたかと思ったら、たにやんさんの登場です!

三人で釣り談義を楽しみながらもアタリが出たら逃さないようにウキに集中します。









午後3時37分、いきなりチクって僅かに入ったアタリを見逃さずにアワセを入れたら

22cmほどの体高のあまり無いヘラちゃんが釣れた。



これが釣れてから思ったんだけど、産卵に関係ないこういうサイズは

食事が目的で岸よりを徘徊しているんじゃないかと。

逆を言えば、産卵場所を検討中の良型ヘラは、水位が上がるまで岸よりにはやってこないかもしれない。

この乗っ込み直前という微妙な時期は長竿で沖目を狙った方が良かったみたいだな。



たにやんさんと銀チェロさんがお帰りになり、時刻が午後4時を過ぎた頃から

ウキの動きが活発になり、20cm位のマブちゃんがヒットし始めた。



午後5時まで続けてから青山落しへと移動。









前日同様に「風刃」十一尺にて餌打ちを開始。


今回の作戦はケミホタル使用でのドボンの底釣り。

前日は電気ウキを使ったんだけど、どうも派手に光りすぎて魚に警戒心を与えてしまったんじゃないかと。

水深はおよそ70〜80cm。

ミライトの発光部分に被せるキャップのてっぺんだけ残してマジックで黒く塗りつぶしたものも使ってみたが、

それでも明るすぎるので、ほのかに明るい程度のケミホタルがいちばん良さそうだった。



ドボンにしたのは前日あまりにも空振りが多かった為に、ドボンならどうなるかと試してみたかったから。

流れが無いというのにドボンなわけだが、ハリス長めというのも試してみた。

どうもドボンって餌を食いに来た時に道糸に触れてウキに反応が現れるというのが多そうな気がするので、

ハリスはちょい長めの35cm-40cm。



流れが無いのに長ハリスだと、ドボンオモリに引っ張られて餌が沈降するとオモリの近くに

ハリスが弛んだ状態で着底してそのままになりそうなので、一旦着底させてから竿を引っ張って、

竿先から餌までが一直線になるようにしてから、竿を送ってウキの水面上に出る位置を調整してみた。









背後から吹く南風が非常に強く、水面がざわざわしているのは果たして吉と出るか凶と出るか。



右側の岸をガサゴソと動き回る何かが居たので注視しているとイタチが現れた。

こちらを一瞥するや否や、一目散に薮の中へと消えていった。





暗くなり始めた頃、仕掛けを投入してウキの出具合を調整していた時、一気に魚に引っ張られて

しっかりと握っていなかった竿をうっかり放してしまって、竿が持っていかれてしまった。

竿受けのちょい先に落下した竿。

運良く針が外れたようで、そこから先へと進んでいかない。

大慌てで竿受けを使ってたぐり寄せて竿尻をキャッチすると、まだ魚は掛かったままだった。


超強烈な引きでビビッてしまったが、正体は60cmはあろうかというアメナマだった。

柔らかい「風刃」で時間が掛かって苦労しながらも岸に寄せて針を外した。

このアメナマ、一旦停止してくれたおかげで竿を失わずに済んで本当に助かった。





比較的早い段階からウキに反応が表れたけど、よそ見しているときだったり、飲み物を飲んでいる時だったり。










午後7時を過ぎてやっとアワセて乗せることができた。

最初に釣れたのは体高があまり無くてほとんどマブ体型なヘラ君。

サイズは34cm。









7時16分、37cmのヘラ。









7時27分、37cmのヘラ。




アタリが途絶えてしまい、ヘラ達はどこかへ移動してしまったのかと思ったら、

水面付近を泳ぎ回る魚影が時々見える。

水深たった70〜80cmだというのに底にある餌になかなか気付いてくれないのかな?








夜8時を過ぎて久々にヒットしたのは38cmのデカマブでした。




もしかしたら再びヘラ達の食い気が立って、デカイのも釣れるようになるかと期待して、

夜9時までウキを眺め続けてみたけど結局追釣なしでおしまいにした。

最後の一投で何か大きいのがヒットしたけど途中で針が外れてしまった。




この釣り場、日を追うごとに利根川本流から魚が入ってきて魚影が濃くなっていくんだろうなー。

狙い目は雨後の増水ですかね。

また挑戦してみようと思います。






本日の釣果

ヘラブナ x 4

マブナ x 6

アメリカナマズ x 1