2015年3月14日(土)


巨ベラの狙えるシーズンになった為か、その期待感から目覚まし時計が鳴る前の早朝に起きてしまった(笑)

午前4時33分、桑納川に到着。

当然ながらこんな時間から来ている釣り人は皆無。

懐中電灯で足元を確認しながら土手を下りていって釣りの準備にとりかかった。




朝5時、電気ウキ使用にて十尺で餌打ち開始。



やはり暗いうちはウキがよく動く。

何度か空振ったりスレを引っ掻いたりしたのちに30cmほどのマブを釣り上げた。

明るくなるにつれてウキの動きはおとなしくなり、遂にはノーピクタイムとなってしまった。







十尺ではアタリが出なくなったので十五尺にチェンジ。




対岸におよそ10人ほどの団体様が到着。

皆さん初めてこの川に来たらしく、「なんだ、浅いや」とか聞こえてきて賑やかになってきた。




フィッシングライフさんが来て自分の右隣で釣り開始。

続いて銀チェロさんも到着して左隣に。





後ろから声がして振り向くと高須賀池で知り合った幸手市の Iさんだった。

先週はご友人お二人と来られていたが今日は単独との事。

少し上流側に入って釣りを開始されていた。

うーん、Iさんもここ桑納川を二週連続で狙うということはやっぱり自分と同じで大物釣りたい病患者ですな!(笑)






十五尺にしてみたものの相変わらずノーピクタイム継続中で、

両隣の友人、そして対岸の団体客含めて誰からもアタリが出たという声はあがらなかった。





大物の期待できる桑納川。

だけど今日は魚が入ってきていない感じがして、このまま続けていても時間を浪費するだけと判断。

対岸のおっちゃんがつけているラジオの音もうるさいので、新川本流に移動することにした。

ちょうどジビさんが到着したところだったので、状況を伝えてから一緒に逆水橋へと移動。








逆水橋下手の護岸されていない部分に釣り座を構えて短竿で岸よりを狙ってみた。


自分は七尺、ジビさんは九尺。













枯れた浮き草の際を狙って餌打ち。

驚くほど人に慣れたバンが二羽、足元をウロウロしていた。











グルテンを投げ与えると1mほどの近さまで寄ってきて啄ばんでいた。











七尺は巨ベラと対峙するのに「神威」では不安だったので新たに「剛舟」を購入。

また竿を増やしてしまった・・・w





やがて銀チェロさんも移動してきて自分の左隣で様子見モード突入。

岸際狙いが不発なのか? 自分もジビさんも全くウキは動かず。




途中でタバコが切れたのでコンビニまで車でひとっ走り買いに行くことにして、

そのあいだ銀チェロさんに七尺で釣っててもらうことにした。



買い物を終えて釣り場に戻ると銀チェロさんが何やら玉網の中を覗き込んでいる!?

なんと、あれほどノーピクだったというのに、自分が去ってすぐにアタリが出始めて尺弱のマブを釣り上げていた。

自分は相当に魚から嫌われているようで?w

「釣るぞ〜、釣ったるで〜!」っていつも殺気立って釣りしているのが伝わっちゃっているみたい(笑)

だからよそ見したときばかりアタリが出るんだな〜きっと。

自分の気が魚に伝わらないようなフィルター越しに釣りができれば釣果が倍増するんじゃないかとw






銀チェロさんがようやく竿を出す気になりw、左隣に釣り座を構えて十一尺にて釣り再開。

自分はしばらく七尺を続けてみたがやはりアタリが出ないので十九尺にチェンジ。




十九尺だと魚との距離が遠くて自分の放つ邪念が伝わりにくいせいかアタリはハッキリ出るみたい。

ヒットした瞬間はドキドキして楽しいけど釣れてくるのはマブばかり。




やがて銀チェロさんがお帰りに。

十九尺はジャミのようなアタリばかりになってしまったので七尺に戻した。








またしばらくアタリの無い時間が流れたが、突然一目盛りカチッっと入って鯉ちゃんヒット!


「剛舟」は思ったとおり強力な竿で、道糸2.5号、ハリス1.5号なのもあって

潜り込もうとする鯉ちゃんをグイグイと余裕で浮かせることができた。





ジビさんは十一尺でなにか大物をヒットさせたが道糸切れで残念ながらのバラシ。

その後二人で午後5時近くまで粘ったがヘラどころかマブも釣れずに終了とした。

ジビさんはお帰りになり、自分はナイターで大物を狙いたいので再び桑納川へ。









桑納川に戻ってくると自分と同じくナイター目的で到着したばかりの Tさんがいた。

しばらく情報交換して、後から到着するであろう よっちさんの入る場所一つ分空けて

北岸に並んで釣り座を構えた。



自分と同じくTさんも北岸のナイターは短竿有利と言っていた。

二人して十尺にてスタート。


しばらくして よっちさんが到着して十二尺で餌打ち開始。



その後、対岸に見覚えのある車が来たと思ったらカンザシウキのHさんだった。

Hさんは対岸に入って十二尺で釣り開始。

「よっちさんのテクニックを盗むためにこっち側から竿を出します」との事だった(笑)


しばらくしてフィッシングライフさんも再び参上して自分の左隣で釣りを再開。





普段はここ桑納川でのナイターはウキがよく動いて釣れまくりとの事だが、

今日は何だか不調なようで、アタリが無く Tさんや よっちさんのボヤキがよく聞こえてきた。





自分も数匹のマブは釣ったけど本命がちっとも釣れない。








やっと釣れたのは午後8時半過ぎ。

しかもちっちゃな26cmのヘラ君だった。

寒さと疲れと空腹で家に帰りたくなったので終了。




朝早くからこんな遅い時間まで一日みっちり狙ってこの一枚だけというショボイ釣果に終わってしまった。


今日は日並が悪いようで。

(今日も?)




本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 6