2015年3月1日(日)


昨日に続いて桑納川。

手賀川とかでやった方がヘラは釣れるんじゃないかとは思うけど、

自分の場合はやっぱり大型を釣りたいので、この時期はここか神埼川ということになってしまうなー。





銀チェロさんと南岸に並んで大物を狙います。


今日はお昼頃から雨になり南東の風が吹くという天気予報。

迷わず南岸に釣り座を構えたんだけど、果たして予報通りに南よりの風は吹くんだろうか?




自分は十五尺、銀チェロさんは十一尺で釣り開始。




銀チェロさんの左隣に先週の日曜日に自分の隣で40上を釣り上げた

しわがれ声の常連さんが釣りを開始。



しばらくすると十一尺の銀チェロさんの方がウキがよく動いている様子。

うっかり竿から手を離しているときだったり、アタリをつい見送ってしまったりで、

なかなかヒットに持ち込めない銀チェロさんだったが、しばらくしたらコイを釣り上げていた。




自分の方はと言うと、朝一にカチッと入ったアタリに空振りしてからというもの、

10時を過ぎてもウキには反応なし。




しわがれ声の常連さんは、下流で竿を出していたお仲間さんから連続ヒットとの報告を受けて、

そちらの方へ移動していった。









10時57分、微妙なジワッというアタリで36cmの体高のあまり無いヘラが釣れた。






やがて雨が降り始めて、そのうちに本降りとなってきてしまった。










12時59分、33cmのマブ君ヒット。

マブ君は大きくウキを動かしてくれるのでアタリがわかりやすい。










1時59分、31cmのマブ君。



雨が降り出してから、マブばかりでヘラが釣れないのには理由あった。

ヘラのアタリが微妙なチクっとかムズっなんだけど、水面が雨粒の波紋でザワついていて、

十五尺で水深1m程という遠いウキでは、微妙すぎるアタリは肉眼ではちっとも判別不能。

こんな日に限って双眼鏡を持参してきていない・・・・。





2時過ぎに銀チェロさんは先にお帰りに。





ウキが遠すぎてアタリが見えないので十尺に変更。

しかしちっともアタリはウキに表れず、おまけにまたしても予報が外れて北風で雨粒が

正面から吹き込んできて参ったので終了とすることにした。

南東の風なんてぜ〜んぜん吹きませんでしたけど?(笑)






余ったグルテンを高須賀池アタック用に持ち帰ろうとビニール袋を取り出して

右手を袋の底まで入れた瞬間、

それまで完全ノーピクだった十尺でのウキがズボッって消し込んだ!(笑)

慌てて竿を掴んでアワセたけど時すでに遅し。



ウキに釣り人の気配が集中していないだけではなく、さらに袋に手を突っ込んでいるという

すぐに竿を握れない状況を狙って食ってくるとは、お魚さん一体どうやってタイミング計っているの!?(笑)



やめて帰ろうと思っていたけど頭にきたのでその後もしばらく続けてみた。

しかし殺気立っていは、やっぱり餌を食ってくる筈も無く、十尺ではノーフィッシュで終了となった。




帰り際、下流の方へ移動していた常連さんが声を掛けてきた。

なんと40上も含めて4枚上がったとな!

流石は熟練のヘラ師。

とても敵いませんねー。






次回も十五尺でチャレンジだな。

微妙なアタリはスコープで片っ端からアワセまくってやるっ!!









本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 2