2015年2月8日(日)


今日は手賀水系を狙おうと思っていたが、直前になって印旛新川に行き先を変更した。

手賀川や手賀沼で期待できる大物は40cm前後なのに対して、

印旛新川の神埼川吐き出し付近では尺半を超えるサイズも上がっているので、

やっぱり巨ベラを釣り上げたい自分としては、その可能性の高い釣り場へと足が向いてしまう。




最近47cmが上がった釣り場となると、自分としてはアタリを待ち続けるときのワクワク感が違うんです!







というわけで、昨日と同じポイントに来てしまいました(笑)


7時42分、二十一尺ハリスオモリでの底釣りにて餌打ち開始。



当然前日と同じ竿&仕掛けなので、水深を測る必要も無く餌を付けて即投入です。

餌も昨日の余りだったりするわけで(笑)




ヘラの期待できない午前中は桑納川で鯉ちゃんに遊んでもらおうかとも考えたが、

あとで移動してきたらお気に入りの釣り座が先客有りになってたらいやなので、

場所確保も兼ねて朝からやることにした。





餌は昨日の余りを使い果たした後に、やはりまた同じ「いもαさなぎ粉入り」を作った。








8時18分、47cmの鯉ちゃんが遊んでくれた。

コイって尾びれが赤みを帯びるタイプと黄色っぽくなるヤツの二種類いるみたい。

食生活の違いか? または水底の土壌に含まれる鉄分が影響しているんだろうか?







朝のうちは太陽が照りつけて青空も広がっていたんだけど、徐々に雲行きがあやしくなり、

あっという間に雨がいつ降ってきてもおかしくない天候となってしまった。





午前中はサワリが何回かあったものの、アワセる動きは出なかった。




11時過ぎに 中ちゃんとAさんが現れた。

自分の居る場所から50mほど神尾橋寄りで釣りを開始された。





11時半頃からだっただろうか、雨が降り出してしまったのでパラソル立てて釣り続行。






やがて期待の高まる12時半となったが、今日は何の反応もなかった。









ファーストヒットは午後2時42分。  

38cmのヘラが釣れた〜♪





雨が降りしきる中、傘を差しているので頭上から竿を振り下ろせないので二十一尺で下から送り込み。

右へ行ったり手前に落ちたりで、なかなか真正面に餌がまとまらない。

硬めに作ってあるグルテンなので投入点を失敗してもすぐに持ち上げれば針から落ちずに回収可能。

それにしても長竿の場合、上から振り下ろせないと仕掛けの投入が面倒だ。

ドボンオモリでも付いていれば楽勝なんだけど、バランスの仕掛けは風に煽られるので

狙ったところに投入するのが難しい。








午後3時53分、長い沈黙を破ったのは35cmの半ベラ君でした。






ながいこと降り続けていた雨も夕方には止んで穏やかな天気になってきた。








午後4時35分、夕焼け小焼けの町内放送を聞いて食欲が出たらしきヘラブナ君GET!

サイズは35cm。











午後5時3分、元気がよくて強烈な引きを味あわせてくれた40cm。

綺麗な形の大型も釣れて満足♪









5時39分、36cmのヘラ。

いままで印旛新川でこんなに複数枚ヘラが釣れたことがあっただろうか!?

正直言って驚きだ!











暗くなってから電気ウキに変えてしばらく続けてみたが、30cmのヘラが釣れただけに終わってしまった。





帰り際に中ちゃんたちのところへ行ってみると、そっちの方はマブばかりでヘラは出なかったとの事。

同じ川でも50m位置が変わるとヘラの回遊は無しなのかな?

やっぱり今の時期は手賀沼でも印旛新川でも好釣果が得られる場所は共通して浅い所みたいだ。


次回この場所で竿を出す時は試しに十九尺でやってみようかな。

少しでも短い竿で釣れた方が竿を振るこちらとしては楽ちんだからねー。








本日の釣果

ヘラブナ x 5

マブナ x 1

コイ x 1