2015年2月24日(火)


雨の降った翌日なので多少はその影響で活性が高まっているんじゃないかと予想して

いつものように仕事帰りに高須賀池でナイターに挑戦してきた。



北西側のワンドの浅場で十尺で勝負してみるか、それとも北岸の深場で十七尺を振るか、

どちらにしようかと岸辺に佇んでちょっと迷ったが、結局アタリが多く貰えそうな深場を狙ってみることにした。





午後5時45分、水門脇ポイントにて「嵐馬」十七尺にて餌打ち開始。

底を30cmほど切った宙を両グルで狙ってみた。

餌は桑納川で余った「いもα」。



一投目を放り込んでおよそ20秒後にウキの左前方3m位のところで大物のもじり発生!

これは期待できそうだ。




と、そのもじりから1分も経たないうちにウキがフワッと一目盛り入った。

しかし、こんなに早くアタリが出るとは思わなかったので竿を持っていなくて対応できず・・・・。






その後の三投目、6時16分にスルスルとウキが持ち上がってエサ落ちくらいのところで停止。

「いもα」がこんなに早くエサ落ちする筈が無く、これはサワリだと思ってウキが入るのをひたすら待った。 

魚との根比べが開始された。










1分くらい経ってからチクって入ったのを見逃さずにアワセを入れたが空振り。








6時35分、再びエサ落ち時間でもないのにスルスルとウキが持ち上がって先程と同じ位置に停止。

またまた始まりましたコンクラーベ。




1分経過。





2分経過。





5分経過。






まだ煙は出てこない?w もとい、ウキを落とさないのか?

以前に同じ状況で竿を上げたら40cmのヘラがヒットということもあったが、

5分以上経ったところで竿を持ち上げたが、ただの空振りに終わった。



この食い上げて停止したままになるここ高須賀池特有のウキの動きって一体何なんだ???




その後、ムズッと入ったり、チクッと入ったりしたけど、ことごとく空振りの嵐・・・・。

他の釣り場と違って、なんでここのヘラはまともに餌を食ってヒットしてくれないのかな?




午後7時15分までやってみたが一度も魚をヒットさせることなく終了。





さてと、

この次はどのような手を打てば良いのやら?w



この食い上げ停止状態が起こらないようにドボンの底釣りを試してみるか。(流れなんてぜ〜んぜん無いけどw)

それともグルテンはやめてマッシュで宙を狙ってみるか。

まさかの段差ウドンセット!?(笑)

はたまた深場での釣りはやめてワンドの浅場で短竿両グル底釣り勝負に切り替えるか。





ここでの巨ベラ勝負って単純にヒットしてくれないところが面白いところでもあるな。

釣れるまでの過程が楽しめるってのも案外いいかも!?





本日の釣果

おでこニョ〜ン