2015年2月22日(日)


天気予報によると午後から南風が強まって春一番が吹くと言われていたので、

強い南風でも釣りがやれる場所を考えてみたら桑納川南岸が思いついた。

もしかしたら巣離れした大型ヘラも釣れちゃうんじゃないかと期待して狙ってみた。




朝7時半頃、桑納川に到着して南岸に釣り座を構えて餌打ち開始。


竿は十尺。

餌は「いもα」。




しばらくすると川の中央より対岸側の浅いエリアで巨ベラらしきもじりが発生!

こりゃー短竿で手前の深場を狙っている場合じゃないぞっ! ってことで十七尺にすぐさまチェンジ。




左側に2名、40mほど右の方にも2名のヘラ師が入った。

皆ここの常連風の上手そうな人達で、竿を見ると十五尺以上を振っている感じだった。






だれも何も釣れない状況がしばらく続いて、










午前10時22分、32cmのマブ君が釣れてホッっと一安心。







その後は左の人が十五尺でマブやらコイを釣り上げていた。

自分のウキは相変わらず無反応。







お昼頃だったか、右側の人が42cmのヘラを釣り上げた。

体高のあるすばらしい体躯のヘラだった。

やはり巣離れは始まっていて、ここ桑納川にも巨ベラが入り込んでいる可能性大だ。





と、ここで逆水橋付近で竿を出していた銀チェロさんが様子見に現れた。






いろいろとおしゃべりしながらウキを見ていると、持ち上がったウキがカチッと入り、








午後1時28分、38cmの本命GET♪











1時57分、38.5cmのヘラが釣れた。

ヘラが釣れて嬉しいけど、欲を言えば記録更新サイズの43cm以上を釣りたいところだ。












2時47分、40cmのデカマブ登場!

マブナも40cmとなると貫禄十分で惚れ惚れしてしまう。











天気予報はハズレでちっとも南風なんて吹かなかった。

こんなことなら北岸の浅い方で十一尺〜十三尺くらいでやっていれば良かったなぁー。





午後3時少し前くらいだったか?

左隣の十五尺の人に大物ヒット。

検寸台に載せてみると41.5cmという立派なサイズだった。

うお〜、自分も40上釣りた〜い!!







錦クォイも釣れちゃった(笑)

サイズは46cm。

こういうのが釣れたのって、赤マブを除いては初めてかもしれない。

普通のコイよりも引きが強かったような気がしたなー。











午後4時57分、31cmの半ベラが本日最後の釣果となった。


暗くなるまでやってみたが、夕方になるにつれてアタリが遠くなったみたいだ。

ここのヘラブナのチャンスタイムはこの時期だと昼前後なのかな?



大型ヘラも桑納川に入ってきていることが判明。

来週も同じ場所を狙ってみようかなー。







本日の釣果

ヘラブナ x 2

マブナ x 3

コイ x 1